資格

お菓子資格人気ランキング

お菓子を美味しく作って自分で食べたり周りの人に食べてもらったりしたいと考える人は多いでしょう。お菓子作りが上手になる資格を取得して、講師として活躍しながら美味しいお菓子をたくさん作ってみましょう。

 

1位 製菓アドバイザー

日本安全食料料理協会が認定する製菓アドバイザー資格は、洋菓子作りに必要となる知識を持っている人を認定します。卵やバター、チョコレートなど洋菓子を作る時に使用する材料の特徴や洋菓子を食べることで得られる効果などをしっかりと把握した人材として認めてもらうことができますので、試験に合格した方は、製菓アドバイザーの資格を活用して自宅やカルチャースクールで講師活動ができます。受験資格が無い試験ですので、誰でも挑戦可能です。合格するためには70%を超える評価をもらう必要がありますので、試験を受ける前にしっかりと基礎知識を学んでおく必要があります。

2位 お菓子作りインストラクター

洋菓子作りが上手になりたい人に人気なのが、お菓子作りインストラクター資格です。日本インストラクター協会が認定する民間資格で、洋菓子作りに使われている道具やオーブンの正しい使い方や洋菓子を作る際の注意点をきちんと理解した人として認めてもらうことができます。

糖度やグルテンなど科学的な知識も求められる資格なのですが、取得後は学んだ知識を活かしてインストラクターとして様々な場所で活躍することが可能です。受験資格が無い試験で、自宅で試験を受けることができますので、気軽に申し込みをすることができるでしょう。試験に合格して資格を得るためには、7割以上の評価が必要となっていますので、事前に出題範囲をしっかりと勉強しておかなければいけません。

3位 スウィーツ・スペシャリスト

スウィーツ・スペシャリスト資格は、日本創芸学院が行う講座を終了した人に与えらます。スウィーツ・スペシャリスト資格は、スウィーツに関する基礎的な知識を学んだことを認定してもらうことができますので、スキルアップをしたい方に人気がある資格です。お菓子作りの基礎的なことを学ぶことができ、講座では多くのレシピを学ぶことができますので、お菓子作りのレパートリーを増やすことができる魅力的な資格です。

4位 スイーツコンシェルジュ

日本スイーツ協会が認定するスイーツコンシェルジュ資格は、検定に合格後、スイーツ協会に加入することで取得できます。スイーツコンシェルジュ資格取得後、会員になった方はスキルアップできるセミナーに申し込みをすることができますし、資格を持っている方との交流ができるイベントに参加できます。スイーツコンシェルジュ検定はベーシックとアドバンス、マスターがあり、自分のレベルに合った試験を選んで受験することが可能です。

5位 菓子製造技能士

国歌資格である菓子製造技能士は、技能検定を受け、合格することで獲得できる資格です。菓子製造技能士試験を受けるためには、実務経験が一定以上必要とされていますので、菓子製造業界で菓子作りを学んでから受験することが一般的です。菓子製造技能士試験では、実技と筆記試験が行われ、一定以上の評価を得ることができなければ合格することはできません。菓子製造技能士認定試験は、2級と1級がありますので自分のスキルに合う試験を選んで受験しましょう。

6位製菓衛生士

製菓衛生士は、パティシエとして活躍している人の多くが取得している資格です。成果衛生士は国家資格として認知されており、お菓子作りに必要な知識や技術はもちろんのこと、公衆衛生学や食品添加物に関する知識を持っていなければ合格することはできません。製菓衛生士資格は食品衛生責任者と同じ効力を持つ資格としてしられているため、自分の店舗を持って独立したい人にとってメリットがあります。

まとめ

製菓アドバイザーやお菓子作りインストラクターなどお菓子作りに必要な知識や技術を持っていると証明できる資格はいくつかあります。資格を持つことで周りの人に自分のことをしっかりアピールすることができますので、試験に合格できるように頑張りましょう。

 

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 貸金業務取扱主任者
  2. tsushinkyouiku1 絵画インストラクター認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 柔道整復師
  4. tsushinkyouiku1 野菜パティシエ口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 日曜大工スペシャリスト口コミ評判
  6. 温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 ペン字・手紙資格人気ランキング
  8. tsushinkyouiku1 DIY工作アドバイザー口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP