資格

ぬか漬け資格人気ランキング

日本人が昔から作ってきた糠漬けを正しく作れる人材になりたいと思う人は多いでしょう。美味しい糠漬けを作ることができるプロフェッショナルとして認めてもらうために取得すべき資格の人気ランキングを紹介しますので、自分が取り易いと感じる方法で資格を取得することが大切です。資格によって認定する企業が異なりますし、特徴に違いがありますので、ランキングを参考にしながら受験する資格を選びましょう。

1位 ぬか漬けソムリエ

日本安全食料料理協会が認定するぬか漬けソムリエは、ぬか漬けのプロとして認めてもらうことができる魅力的な資格です。糠漬けに最適な容器の選び方や作り方などの基礎知識はもちろんのこと、ぬか漬けの歴史といった専門的な知識が必要とされています。そのため、しっかりと勉強しなければ取得できない資格なのですが、合格することが出来た人は自宅などでぬか漬けソムリエの知識を活かしながら講師活動が可能です。

ぬか漬けソムリエの受験資格はありませんので、挑戦したい人は誰でも申し込むことができます。受験するためには受験料10,000円を支払わなければいけません。ぬか漬けソムリエの認定試験は、自宅で受けることができますので、慣れない環境で回答することが無く、リラックスして解答することが可能です。

ぬか漬けソムリエになるためには、試験で70%以上の評価をもらわなければいけませんので、出題範囲をしっかり学んでおく必要があります。日本安全食料料理協会のホームページでは、試験日程が公開されていますので、きちんと確認しておきましょう。

2位 健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター

健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクターは、日本インストラクター協会が行う試験に合格した人のみが取得できる資格です。健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクターとして認定されるためには、ぬか漬けの健康効果や美容効果についてきちんと把握しし、ぬか漬けに適した食材の選び方などを知っておく必要があります。また、ぬか漬けを作る方法や漬ける時間についても理解していなければいけません。多くの知識を必要とする資格なのですが、試験に合格することができれば、学んだ知識を活用してカルチャースクールで講師活動ができるため、取得するメリットの大きい資格です。

健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター認定試験は、誰でもチャレンジできる資格で、インターネットから申し込むことができます。自宅で試験を受けることができますので、試験時間に合わせて外出する必要はありません。合格基準は7割以上の評価を得ることとされていますので、しっかりと勉強しておきましょう。

3位 ぬか漬けマイスター認定試験

ぬか漬けマイスター認定試験は、ぬか漬けの基礎的な知識を問う試験です。インターネットで受験することができ、何度でも挑戦することができるため、1度不合格になったからと落ち込むことはありません。試験問題に全問正解し、合格することが出来た方は、認定証を取得することができます。

試験を受ける際に入力する名前や認定証送付先の入力を間違えてしまいますと、自宅まで届けてもらうことができませんので、入力ミスが無いかどうかしっかりと確認をしましょう。ぬか漬けマイスター認定試験では、核問題の正解だと思うボタンにチェックを入れる方式ですので、パソコンに入力することが苦手な人でも気軽に受験することが可能です。最後まで回答したら、内容をきちんと確認して入力内容を確認するボタンを押しましょう。

まとめ

昔から食べられてきた日本のぬか漬けは、歴史があり、日本を代表する料理です。独特の香りとしょっぱさが魅力的なぬか漬けを正しく調理することができ、専門的な知識を得ていると認めてもらうことができる資格試験はいくつかあります。どの試験を受けるべきなのかをしっかりと吟味し、自分の目的に合った認定試験を受けて合格を目指すことが大切です。自分にとって取得するメリットが大きいと感じる資格を取得できるよう、きちんと専門知識を学びましょう。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 家庭菜園インストラクター口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 ハンドメイド・クラフト手芸資格ランキング
  3. スーパーフード スーパーフード資格人気ランキング
  4. tsushinkyouiku1 収納・片付け資格評判ランキング
  5. tsushinkyouiku1 ファッションデザイナー認定試験口コミ評判
  6. 中華料理資格人気ランキング
  7. tsushinkyouiku1 ベランダ菜園資格人気ランキング
  8. カクテル カクテル資格人気ランキング

通信教育の人気記事

PAGE TOP