資格

イタリア料理資格人気ランキング

パスタやピザなど、日本でもなじみ深いイタリア料理は様々な場所で食べることが可能です。イタリア料理を美味しく食べたり基礎的なことを学んだりしたいのであれば、イタリア料理の資格を取得することが大切です。取得できる資格をランキング形式で紹介しますので、比較しながら獲得したい資格を選びましょう。

1位 イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエの資格を取得するためには、日本安全食料料理協会が行う認定試験に合格しなければいけません。イタリア料理ソムリエは、イタリア料理で使われている食材の特徴や保存方法など様々な知識を持っている人材であることを証明する資格です。自宅でイタリア料理を作って食べたり飲食業界で働いたりしたい人にオススメできる資格です。イタリア料理ソムリエ認定試験の受験資格はありませんが、試験で70%以上の評価を獲得することが出来なければ資格を獲得することができません。

2位 イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターは、日本生活環境支援協会が認定する民間資格です。イタリアンコーディネーターの資格を獲得した人は、イタリア料理の作り方から実践でコーディネートする際に必要な基礎知識などを持っていることを認めてもらえます。イタリア料理のレシピにも精通している人材としてアピールすることができるため、友人や家族に本場のイタリアンを振る舞うことが可能です。

イタリアンコーディネーターになるためには、資格試験に合格しなければいけません。受験資格はありませんので、誰でもチャレンジできます。試験で7割以上の評価を獲得することが合格条件ですので、しっかり勉強しましょう。

3位 イタリアンマイスター

イタリアンマイスター資格は、人気レストラン「LABETTOLAdaOchiai」の落合務が行う講座を修了し、在宅試験で合格した人に与えられる資格です。試験に合格するためには、試験で7割以上の点数を獲得する必要がありますので、講座は真面目に受講しましょう。イタリアンのことを熟知しているシェフが基本技術やメニューの応用法などを細かく指導してくれるので、イタリア料理を美味しく作りたい人にオススメの資格です。

4位 イタリア料理研究家1級

イタリア料理研究家1級は、日本イタリア料理協会で取得することができる資格です。イタリア料理研究家1級は地方で作られている料理の特徴について理解できたり、イタリア語で記載されたレシピを読解できたりした人に送られる資格です。

イタリア料理研究家1級は、日本イタリア料理協会が認定する資格の中で一番難易度が高いのですが、取得することができれば、イタリア料理のプロフェッショナルとして活躍することができるでしょう。イタリア料理研究家1級認定試験を受験するためには、日本イタリア料理協会が行うイタリア料理研究家2級の取得と会員登録が必要となっていますので注意が必要です。

5位 イタリア料理研究家認定試験3級

イタリア料理研究家認定試験3級は、イタリアの食文化や地理、気候や料理の由来など基本的な知識を得た人に送られる民間資格です。日本イタリア料理協会が行う認定試験に合格することで取得することができる資格で、最も難易度が低いので初めてイタリア料理に触れる人のための資格となっています。イタリア料理研究家認定試験3級は、誰でも受験することができます。試験を受けるためには受験料19440円を支払わなければいけません。また、資格を得るためには試験合格後16200円を支払う必要があります。

まとめ

イタリア料理に興味を持つ人は多く、多くの民間団体が資格試験を行っています。試験で問われる内容や資格の活用方法はそれぞれ異なっていますので、どの団体で資格を取得するべきなのかしっかりと吟味する必要があります。自分に合わない資格を選んでしまうと後で後悔することになってしまいますので、即決しないようにしましょう。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 西洋占星術アドバイザー口コミ評判
  2. 手相 パームリーディングアドバイザー口コミ評判
  3. スーパーフード スーパーフードアドバイザー口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 日本アロマメディカル心理セラピー協会口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 ソムリエインストラクター認定試験口コミ評判
  6. ドッグトレーニング ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 睡眠・快眠・安眠資格ランキング
  8. tsushinkyouiku1 レジンアクセサリークリエイター口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP