資格

インテリア資格ランキング

tsushinkyouiku1

インテリアデザイナーという、若い人たち注目の資格です。テーブルや椅子の色や形の組み合わせや配置など、そのお部屋をオシャレな空間にするスペシャリストといえるでしょう。あこがれの資格インテリアデザイナーをはじめとするインテリアの資格をご紹介します。

1位:インテリアデザイナー

【理由】この資格は、住宅やインテリアの設計、建築についての基礎知識と技術を理解し、それを生かして住宅デザインやインテリア業界(設計、デザイン事務所など)、ハウスメーカーなどの仕事に就く際に必要、あるいは有利になるものです。資格取得にあたっては、インテリア商品の基礎知識や、デザイナーとしての理解力や表現力を身に付けていきます。認定は、「JDP 日本デザインプランナー協会」によって行われます。インテリアデザイナー認定試験に合格すると取得できます。在宅受験が可能です。また、資格を取得すると、自宅や教室でセミナーなどの講師活動も可能で、その道を目指す人のために指導していくという独立開業もできます。

費用 受験料 10,000円

2位:インテリアアドバイザー

【理由】顧客のライフスタイルにあったインテリアの配置や空間作りを提案することによってアドバイスするスペシャリストが持っている資格です。インテリアアドバイサーとして必要な知識や技術を学び、どのような依頼にも対応できるようにならなければなりません。「JDP 日本デザインプランナー協会」認定の資格です。JDPのインテリア―デザイナー同様、在宅受験ができます。資格を取得した後は、自宅や教室での講師活動が可能になり、独立開業の道も考えられる資格です。

費用 受験料 10,000円

3位:インテリアプランナー

【理由】この資格は、住宅やオフィスだけでなく、ホテルや病院、学校などの公共施設のインテリアの企画や設計までも手がけるという、かなりの知識とノウハウを身に付けなければならないものです。資格取得には、建築やインテリアの企画や設計、監理についての知識と技術が一定水準以上なければなりません。認定試験は、「公益財団法人建築技術教育普及センター」が実施しています。人の嗜好の多様化で、さまざまな需要があり、そのインテリアも企画や設計から携わらなければならない状況にあります。そんな中、企画や設計までも手がけるインテリアプランナーの果たす役割は大きくなっています。

4位:インテリアコーディネーター

【理由】インテリア製品の促進という点を重視し、快適な空間をつくるのがインテリアコーディネーターです。インテリアの知識に加えて建物や施設ごとの施行管理など、また、製図の技術やマネージメント管理の知識や技術が必要となります。快適な生活を送るための家具をはじめ、住宅設備や照明まで幅広い提案をしていかなければなりません。この資格は「公益社団法人インテリア産業協会」が主催運営しています。インテリアについての一定レベル以上の知識をもっているだけではなく、インテリア空間に関して顧客に適切なアドバイスができるかが問われます。試験は、一次試験が筆記試験、二次試験は論文試験です。また、この資格を取得すると、他の資格の試験が一部免除になるものもあり、段階的にいろいろな資格を取得していくことが可能です。

5位:インテリア設計士

【理由】快適な生活を送れるようインテリアに関する計画や設計、生産、管理などの技術などを身に付けていきます。資格検定試験に合格すると、インテリア設計士の称号が与えられます。この資格には、1級と2級がありますが、それぞれに受験条件があります。(1級取得には2級合格が必要、実務経験を有していることなど)現在インテリアの職に就いている人で、キャリアアップしたい方に適しています。

関連記事

  1. サナトリウム健康アドバイザー認定試験口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 クリーニングインストラクター認定試験口コミ評判
  3. ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 カウンセリング資格人気ランキング
  5. tsushinkyouiku1 盆栽資格人気ランキング
  6. tsushinkyouiku1 保育士
  7. tsushinkyouiku1 社会福祉士
  8. 和食 和食エキスパート口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP