資格

インド料理資格人気ランキング

タンドリーチキンやカレーなど、日本人になじみがある料理として人気があるインド料理は、たくさんのスパイスを用いて作られる料理です。独特の香りや辛さが魅力的なインド料理をもっと良く知りたいと感じる人は、インド料理に関する資格を獲得する必要があります。資格を取得することで、インド料理のことがもっと詳しくなり、学んだ知識を活用して新しいビジネスを始められます。インド料理に関する資格の特徴を学びながら、自分に合った資格を選んで挑戦しましょう。

1位 インド料理ソムリエ

日本安全食料料理協会では、インド料理の作り方やスパイスの種類について理解できていると認めてもらうことができるインド料理ソムリエ資格を発行しています。インド料理ソムリエを取得できた人は、インド料理で使われているお米や豆、チャツネなど食材についてきちんと理解しており、スパイスの使い方を把握しているので自宅やカルチャースクールで講師活動ができます。美味しいインド料理についての知識を伝える仕事ができるインド料理ソムリエは、試験に合格することで手に入れることができます。

試験は誰でも受験することができ、試験会場の指定が無いので気軽にチャレンジできます。合格して資格を得るためには試験で70%以上の評価をもらわなければいけませんので、合格できるようにしっかり勉強しておく必要があります。

2位 インド食文化インストラクター

日本インストラクター協会では、インド料理について多くの知識を持つ人を認定するインド食文化インストラクター資格試験を行っています。インド食文化インストラクターは、インド料理の歴史やインドの食文化について理解しており、インド料理のプロとしてアピールすることができます。

日本インストラクター協会でインド食文化インストラクターの資格を獲得した後は、自宅やカルチャースクールでインド料理について教えながら収入を得られるようになるため、頑張って資格取得を目指しましょう。インド食文化インストラクターの資格試験は誰でも挑戦することができ、受験会場は自宅です。そのため、気軽にチャレンジできる環境が整っています。ただし、試験に合格するには7割以上の評価を獲得しなければいけませんので、しっかりと時間をかけてインド料理について学ぶことが重要です。

3位 カレーマイスター

インド料理として有名なカレーですが、カレーが好きでカレーを活用して、食の魅力を働きかけることができる人材を目指すのであれば、カレーマイスターの資格を取得する必要があります。カレーマイスターになることができれば、美味しく健康的なカレーを作ることができますし、生活者の視点から新しい商品の提案ができるようになりますので、幅広く活躍できる人材になることが可能です。

カレーマイスターは、日本野菜ソムリエ協会が実施している講座を受講し、修了試験に合格することで獲得できる資格です。ただし、4回行われる講座のうち3回以上参加しなければ受験資格を失ってしまいますので注意が必要です。また、課題の提出も資格取得の条件となっているのでかならず提出しましょう。日本野菜ソムリエ協会では、試験で不合格になった人に対して、受験日から1年以内であれば何度でも挑戦することを許可しています。そのため、試験に合格できなかったとしても、しっかりと勉強し直して再チャレンジすることが可能です。やる気を維持しながら試験合格を目指しましょう。

まとめ

美味しく香りの良いスパイスを用いて作られるインド料理は人気が高く、多くの人が注目しています。インド料理についての知識を多く持つ専門家として活躍することができる資格はいくつかあり、インド料理作りのスキルアップをしながら仕事に役立てることが可能です。インド料理を多くの人に振る舞ったり講師として教えたりしたいのであれば、インド料理に関する資格を取得する為にきちんと勉強をしなければいけません。