資格

エステティシャン

tsushinkyouiku1

エステティシャンは、主にエステサロンで女性の顔や体のケアを行う仕事です。エステティシャンになるためには、特別な資格が必要というわけではありません。国家資格や公的資格もまだありませんが、各種の団体が認定している民間資格が存在します。そういった資格を取得しておくと、就職の際などに有利になります。

エステティシャンになるには

エステティシャンになるためには特別な資格は必要とされていません。したがって、まったくの未経験からエステサロンなどに採用されてエステティシャンになるという道もあります。しかし、エステサロンの採用でも一定の知識と技術を持っていることは有利になりますから、一般的にはエステティシャンを目指す人は、スクールに入学して、そこを卒業してからエステサロンに就職します。

スクールの中には、エステティックサロンと提携していて、提携先のサロンを就職の際に紹介してくれるところもありますし、系列のサロンがある場合でなくても、スクールを卒業すれば就職のサポートを受けることができます。また、スクールで学んで知識や技術を身に付けておくと、待遇面で優遇されることもあります。

なお、スクールの中には、通信で受けられるコースを設けているところもありますから、通学が不可能な人でも講座の受講は可能です。

エステティシャンの資格

いずれも民間の資格ですが、エステティシャンの資格は約20種類も存在します。その中でも有名なものとして、「一般財団法人 日本エステティック協会」が認定する「認定エステティシャン」があります。

・認定エステティシャン

認定エステティシャンになるためには、協会の認定校を卒業(300時間コース)して試験を受ける方法と、実務経験を積んで試験を受ける方法があります。

認定校に通う場合は、在学中に実技試験を行い、卒業後にエステティシャンセンター試験(筆記試験)に合格することで資格を取得することができます。

実務経験を積んだ上で試験を受ける場合には、実務経験が3年以上必要です。試験は、エステティシャンセンター試験に合格後、技術力確認試験を受験します。技術力確認試験に合格すると資格が取得できます。

・認定上級エステティシャン

認定エステティシャンの資格には、上級資格である「認定上級エステティシャン」も存在しますので、更にステップアップを図ることができます。

認定上級エステティシャンの試験を受けるためには、以下のいずれかの要件を満たす必要があります。

(1) 認定校の1000時間以上コースを修了するか、CIDESCO国際認定校コース修了すること

(2) 認定校の300時間コースの修了者で、認定エステティシャン資格取得後2年以上の実務経験を有する者

(3) 認定エステティシャン資格取得後2年以上の実務経験がある者、または通算5年以上の実務経験がある者で、対策講座を受講した者

試験には、技術試験と筆記試験があります。技術試験は、フェイシャル、マニキュア、メイクアップ、ボディ、ワックス脱毛の5科目、筆記試験は4肢択一のマークシート方式で行われます。合格基準は、技術試験、筆記試験ともに70%の得点です。

今後の展望

エステティシャンの求人は比較的多めです。選り好みをしなければ、比較的就職するのは容易だといえます。未経験からの採用もありますが、資格を持っていれば更に就職しやすくなります。この傾向は当面の間続くと考えられます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 安眠インストラクター認定試験口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 ベランダ菜園資格人気ランキング
  3. tsushinkyouiku1 メディカルハーブカウンセラー認定試験口コミ評判
  4. 和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 通訳案内士
  6. tsushinkyouiku1 ニードルフェルト資格人気ランキング
  7. tsushinkyouiku1 レターライティングマスター口コミ評判
  8. ABC協会認定ブライダルプランナー検定
PAGE TOP