資格

エスニック料理資格人気ランキング

エスニック料理は独特の香りと辛さが特徴的です。日本国内に多くのエスニック料理を提供するレストランがあるので、多くの人が食べる人気の料理として認知されています。エスニック料理として扱われるタイ料理やベトナム料理はパクチーなど独特の食材を用いて作られています。野菜や果物、魚介類を用いて作られる料理が多く、辛い物が好きな人にとって魅力を感じられる人気の料理です。

エスニック料理に魅入られて自宅で作りたくなったと感じ、エスニック料理に関する知識や技術を持った人を認定する資格を取得する人はたくさんいます。比較しながら自分の目的に適した資格を取得することが大切です。

1位 エスニック料理ソムリエ

エスニック料理に関する資格として人気が高いのが、エスニック料理ソムリエです。エスニック料理ソムリエは日本安全食料料理協会が認定する民間資格で、地域によって異なる風土や食文化、食材の基本を把握していると認めてもらうことができます。

エスニック料理で使われている調味料の特徴や様々な国で食べられている料理について学んでいると認定されるため、料理についてたくさんの知識を持った専門家として自分をアピールすることが可能です。エスニック料理ソムリエ認定試験に合格し、資格を会得した人の中には自宅やカルチャースクールで講師として学んだ知識を活かして指導している人もいますので、資格を仕事に活かすことが可能です。

資格するメリットの大きいエスニック料理ソムリエの資格を取得するためには、日本安全食料料理協会が行う認定試験に挑戦し、一定の評価を獲得する必要があります。エスニック料理ソムリエ試験で7割以上の評価を獲得することが資格取得の条件ですので、誰でも簡単に資格を取れるわけではありません。きちんと勉強して合格できるようにしましょう。

エスニック料理ソムリエ認定試験は定期的に行われていますので、日本安全食料料理協会のホームページで試験日程を確認しながら自分が受けやすい日時を選んで申し込みましょう。エスニック料理ソムリエ認定試験は在宅受験方式を導入していますので、自分が集中できる場所を選んで試験に挑戦することが可能です。エスニック料理ソムリエ認定試験の合否発表は受験した月の翌月末となっていますので、長い間待たされることはありません。

2位 アジア料理インストラクター

日本インストラクター協会が認定するアジア料理インストラクターは、アジア各国のレシピや食材に精通した人材として認めてもらうことができる資格です。多くの国のレシピを把握していることを証明してくれる資格ですので、料理のレパートリーを増やしたい人にオススメです。資格を獲得した後は、自宅やカルチャースクールでアジアの料理を教えながら収入を得ることが可能です。

アジア料理インストラクターになるためには、日本インストラクター協会が行っている認定試験を突破しなければいけません。試験を受けるための資格が無いので、誰でも挑戦可能なのですが、7割以上の評価を獲得することができなければ不合格となってしまいます。試験の申し込みは日本インストラクター協会の公式サイトから行うことができます。

アジア料理インストラクターの魅力として大きいのが、在宅で試験を受けられるところです。不慣れな試験会場で受けることがありませんので、自分の実力を最大限発揮することができるでしょう。試験の日程を確認したい方は、日本インストラクター協会の公式ホームページを利用しましょう。

まとめ

トムヤムクンや生春巻きなど、エスニック料理の種類は多くたくさんの人に愛されています。エスニック料理は和食とは異なる味付けや調理法で作られるため、和食に飽きた時はエスニック料理を作ってみましょう。エスニック料理に関する知識や調理法をマスターしていると認定してくれる資格を取得して、多くの人にエスニック料理の素晴らしさを伝えましょう。