資格

カラーセラピー資格ランキング

tsushinkyouiku1

「色」というものが「人」に与える影響は相当なものです。食欲をそそる色、危険を知らせる色、リラックスさせる色など、いろいろですが、そんな中でも色によって、癒やしや治療を行うという「カラーセラピー」という資格があります。色が持っている力をその用途に合わせて提案するのですが、今特に女性を中心に人気が高まっています。その「カラーセラピー」の資格をご紹介します。

?

1位:日本アロマメディカル心理セラピー協会のカラーセラピー

【理由】カラーセラピーの資格といえば「JAAMP 日本アロマメディカル心理セラピー協会」の資格です。色彩療法とも呼ばれる「カラーセラピー」は、色彩の知識だけでなく、色彩療法の専門知識も身に付けなければなりません。色が持っている心理的な効果や活用法の知識を身に付け、色というもので、癒す方法を提案できるのです。カラーセラピー認定試験を受験し、合格した人に資格が与えられます。試験は2か月に1回あり、インターネットから申し込みができ、在宅で受験できます。

2位:カラーアドバイザー

【理由】カラーアドバイザーは、人の心理に作用する色の特徴、性質についての知識を身に付け、悩んでいる人にいろいろな面からアドバイスを行うことができる資格です。クライアントの要望に合う最良の色彩を提案してあげるなど、重要な役割を果たすのです。また、色に対する知識を幅広く身につけ、アドバイスや指導を行うスキルも身につける事が可能です。「JDP 日本デザインプランナー協会」が運営する認定試験になりますが、合格すると資格が取得でき、その後、カラーアドバイザーとして、自宅などで教室やセミナーを開いて講師として活動できるようになります。通信講座は、初心者でも最短で2か月ほどで資格が取れます。仕事にも役立つこの資格を取得して、住宅や事務所の建築やインテリア、ファッションなどの分野のビジネスに生かしましょう。

3位:カラーセラピスト

【理由】クライアントのストレスを和らげるための色彩療法がカラーセラピストです。「一般社団法人日本能力開発推進協会」が運営する資格で、約4か月の通信講座で学ぶことができ、試験も在宅でテキストを見ながら受講できるシステムになっています。カリキュラム修了後に受験資格が与えられます。資格取得のためには、カラーセラピーに関する基本的な知識とともに、カウンセリングでクライアントの悩みを解決するためのスキルを学ばなければなりません。

4位:TCカラーセラピスト

【理由】周囲の人や家族を癒すことができる色彩効果を活用する方法を身に付けた人に与えられる資格です。資格を取得し、TCカラーセラピストとしての活動後には、マニュアルなしでカウンセリングができるTCマスターカラーセラピスト講座や、自宅や教室での開催が可能になるTCトレーナー講座やTCマスタートレーナー講座なども準備されています。段階的に知識や技術を身に付けていくことができるのです。この資格を取得するためには、「株式会社トゥルーカラーズ」が運営するTCカラーセラピスト講座を受講し、カラーセラピーシステムを学ぶ必要があります。講座はスケジュールや場所が決まっていますので、あらかじめ確認しておく必要があります。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 レジンアートデザイナー口コミ評判
  2. 書写技能検定
  3. tsushinkyouiku1 CAD資格ランキング
  4. tsushinkyouiku1 貸金業務取扱主任者
  5. tsushinkyouiku1 使える資格ランキング
  6. tsushinkyouiku1 工業英語能力検定試験
  7. ABC協会認定ブライダルプランナー検定
  8. tsushinkyouiku1 カラーアドバイザー認定試験口コミ評判
PAGE TOP