資格

キャンドル資格ランキング

tsushinkyouiku1

「キャンドル」といえば、結婚式を思い浮かべますが、披露宴で魅せる「キャンドル」のアートは見る人を覆いに楽しませてくれます。結婚式だけではなく、パーティーやイベントなどでも見られるキャンドルアートの5つの資格を紹介します。

1位:キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)

【理由】既存のキャンドルやワックスを使い、企画、デザインして新しいキャンドルによみがえらせるという素晴らしい技術は持っていてとても貴重なものです。キャンドルの基礎的な知識と技術を持って、創意工夫した色や形、香りなど、デザイナーとしての力を発揮することのできる資格です。資格取得後は、スクールや教室での講師として活躍できます。副業や仕事としてだけでなく、趣味としても、お部屋を飾るなど、日常生活に生かすこともできます。受験から資格取得までがお手軽なのも、この資格の魅力のひとつです。試験は2か月ごとに、在宅受験という形で開催されます。

費用 受験料 10,000円

2位 JIAキャンドルインストラクター

【理由】いろいろな形のキャンドル、グラスやカップなどに入ったキャンドル、また、香りのいいアロマキャンドルなど、多様なキャンドルの知識と製作の技術を習得できます。インストラクターとして指導が可能と認定されれば資格取得となります。インストラクターとしての講師活動ができますし、キャンドル専門店で働いたり、開業したりできるのも魅力です。JIAキャンドルアドバイザーは、日本インストラクター協会が資格認定しています。この協会は、しっかりとしたサポート体制ができていますので、安心で確実な資格取得を実現できます。この資格試験は偶数月に行われており、在宅での受験が可能です。

3位:キャンドルマイスターディプロマ

【理由】日本ヴォーグ社で行われているのが「キャンドルマイスター」の通信講座です。キャンドル作製に必要な技術(パウダーキャンドルなどの使い方など)や基礎知識、応用術、またそのキャンドルのラッピング技術、キャンドルの歴史やその仕組みについてまで学ぶことができます。この講座を修了すると、ディプロマとして認定証が発行されることです。DVDを見て学んで添削指導を受けるという過程で勉強ができるのです。初心者であっても安心して始められます。

費用 受講料 36,000円 材料費 33,000円 登録料 20,000円

4位:JCA認定キャンドルアーティスト

【理由】キャンドルのプロ!になってみませんか。キャンドルの市場価値はかなり高まってきています。そのキャンドルの知識だけでなく、製作技術からキャンドルを利用した快適な空間の演出など、マーケットニーズに合った企画ができることがアーティストに求められます。市場やクライアントのニーズに合ったキャンドルを企画、提案、実現していくのです。この資格の取得にはJCAで「キャンドルクラフトコース」から「アーティストコース」という流れでカリキュラムを終える必要があります。段階的にキャンドル職人プロとしての力をつけていくことができます。時間や費用がかかりますので、ほんとうに仕事としてキャンドルづくりを目指す人の認定になります。

5位:JCA認定キャンドルインストラクター

【理由】このインストラクターの認定資格は、キャンドルを楽しむための知識やそれをよりよく魅せるためのノウハウを学びし、その技能生かして「日本のキャンドル文化」の普及に努めるというものです。まさしくキャンドルの達人というところまで達することを目指します。資格を取ると、運営する「日本キャンドル協会」の認定スクールとして認定教室を持つことも可能なのです。仕事としての認定教室を始めることができるのです。資格取得には、まず「クラフトコース」「アーティストコース」の受講、修了が必要となり、その後、「アドバイザーコース」で講座受講と実技試験に合格しなければなりません。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 レジン資格人気ランキング
  2. 姿勢 からだバランスインストラクター口コミ評判
  3. トリマー ペットトリミングアドバイザー認定試験口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判
  5. ヨーグルト ヨーグルト資格人気ランキング
  6. スムージー 健康美容スムージーアドバイザー認定試験口コミ評判
  7. ドッグトレーニング ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 フラワーデザイナー資格検定試験

通信教育の人気記事

PAGE TOP