資格

スパイス・調味料資格ランキング

tsushinkyouiku1

カレーにはスパイス!このスパイスによってカレーの辛さやコクというものが違ってきます。また、スパイスは世界各国でその料理に多く使われています。こんなスパイスや調味料にも資格があります。資格を取ると、スパイスや調味料のプロとなり、自宅やカルチャースクールなどで講師もできるようになります。ぜひ挑戦してみてください。

1位:スパイス香辛料アドバイザー

【理由】仕事の幅が広がる、今より美味しいメニューをお客様に提供したいという方は、この資格取得によりそのお料理の幅が大きく広がるでしょう。多くのスパイスを掛け合わせることでお味は見事に変わるのです。この資格は、スパイスの歴史や種類を理解し、様々なスパイスの使用方法や保存方法、使用にあたっての注意点、そして、それぞれのスパイスをどう組み合わせればどんな味が出るのかなどの幅広い知識を持つことが求められます。この資格は、「JSFCA日本安全食料料理協会」が主催しています。こ試験は2か月に1回あり、在宅で受験ができます。

費用 受験料 10,000円

2位:スパイスインストラクター

【理由】スパイスについて、その種類や効能について理解したい、そして、講師として学んだことを世の中の人たちに広げたい、そう考える方におすすめの資格です。この資格取得のために多くの種類のスパイスの知識と効能、活用する能力を学ぶことになります。スパイスインストラクターの資格は、「JIA日本インストラクター協会」が主催しています。添削課題を全てクリアした後、卒業課題を提出すると、スパイス香辛料アドバイザーとスパイスインストラクターの両方の資格を同時に取得できる通信講座もあります。試験は2か月に1回あり、在宅で受験ができます。
費用 受験料 10,000円

3位:スパイスコーディネーター

【理由】街で料理教室を開校している人が資格取得を目指すことが多いです。この資格は、スパイスの知識や活用能力高めるとともに、教育や福祉の関係機関で貢献できることが求められます。「SCAスパイスコーディネーター協会」が主催し、段階的に学んでいくことができます。資格は、養成セミナーを10単位以上受講し、試験に合格すれば取得できます。試験は年に2回、東京で行われます。なお、スパイスコーディネーターは中級コースで、上級コースとしてスパイスコーディネーターマスターがあります。

4位:スパイス&ハーブ検定

【理由】奥深い香りや味を楽しめるスパイス&ハーブの世界は、はまってしまうといろいろと工夫したいところです。この資格は、その用途によって級の取得を行います。家庭料理でスパイス・ハーブを使った料理を作れるようにと思う人は3級、スパイス・ハーブを使いこなし、お店などで生かしたいと思う人は2級、また、料理教室などで、人に伝えたいという人は1級を目指すことになります。この資格は、スパイス&ハーブの知識とともに、日々の料理や生活の中で使いこなせることが求められます。「公益財団法人 山崎香辛料振興財団」が主催し、スパイスやバーブに関する知識を問われます。筆記試験で、全国の書店で認定テキスト「スパイス&ハーブの使いこなし事典」が販売されていますので、全級の学習の範囲の勉強ができます。試験は年に1回、会場は東京と神戸です。

5位:カレーマイスター

【理由】街のカレー専門店が多くなりました。そんなカレー店やレストランを経営している人や勤務している人が取得する資格です。スパイスの歴史や使い方、また日本人好みのカレーという食文化を十分理解し、その奥深さを学び、その知識を人々に魅力的に伝えるコミュニケーション能力が求められます。カレーマイスターの資格は、「日本野菜ソムリエ協会」が主催しています。体験型の講座になっており、東京で行われる講座を全4講座中3回以上の出席が必要で、課題提出と修了試験に合格すると資格が取得できます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 ハウスクリーニングアドバイザー認定試験口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 メディカルハーブカウンセラー認定試験口コミ評判
  3. eco検定(環境社会検定試験)®
  4. tsushinkyouiku1 メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 福祉資格人気ランキング
  6. トリマー開業インストラクター認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 CADデザインマスター認定試験口コミ評判
  8. 温泉観光資格人気ランキング
PAGE TOP