資格

スポーツフード資格人気ランキング

スポーツフードに関する知識や技術を学び、資格を取得して就職活動などに活用したいと考えている人はたくさんいます。スポーツフードに関する資格はいくつかありますので、それぞれの資格の特徴を把握しながら自分の目的に合う資格を取得しましょう。

 

1位スポーツフードマイスター

スポーツフードマイスターは、日本安全食料料理協会が認定する民間資格です。スポーツフードマイスター資格を取得した方は、スポーツ栄養学の基本的な知識を持っており、献立を考えることが出来るようになる魅力的な資格です。競技を行う人に最適な食事や体を強くするための食事を提供することができるため、多くのアスリートの力になることができます。

 

スポーツフードマイスター資格は受験資格が無いため、誰でもチャレンジすることができます。また、試験は在宅受験となっていますので、自宅で試験を受けることが可能です。スポーツフード資格試験に合格するためには、7割以上の評価を獲得する必要がありますので、しっかりと勉強しましょう。

 

2位アスリート栄養食インストラクター

 

アスリートが摂取すべき栄養素や持久力を高めるために必要な成分を摂り入れるサポートをできる資格として認知されているのが、アスリート栄養食インストラクターです。風邪や夏バテなど、体調不良の原因となる症状から体を守るために必要な食事や試合前日や当日に食べるべき食事をアドバイスすることができる資格です。資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することが可能ですので、学んだ知識を活かして収入を得ることができます。

 

アスリート栄養食インストラクターは、誰でも挑戦することができ、インターネットから気軽に申し込むことが可能です。試験会場に行く必要が無く、自宅で試験を受けることができますので、緊張せず自分の力を十分に発揮することができるでしょう。アスリート栄養食インストラクターの資格を取得するためには、試験で70%以上の評価を獲得しなければいけませんので注意が必要です。

 

 

 

 

3位アスリートフードマイスター

 

スポーツ選手の実力を最大限発揮する為のサポートができるのがアスリートフードマイスター資格です。アスリートフードマイスター資格は、取得することでスポーツ選手に対して、食事に関する指導や助言をすることが可能です。講師として活躍している方もいる資格ですので、取得して損をすることはありません。アスリートフードマイスター資格は、3級から1級までありますので、自分の好きな級を選んで受験しましょう。

 

4位スポーツフードスペシャリスト

 

スポーツフードスペシャリスト資格は、運動部に参加している子供を持つ方や、アスリート本人にとって取得するメリットがある資格です。スポーツフードの摂取方法や栄養素に関する基礎的な知識を学んでいると認定してもらうことができるため、スキルアップをすることができます。また、スポーツフードスペシャリスト資格は、サプリメントの正しい摂取方法を学ぶことができますので、アスリートなどに過度な摂取をさせる危険性がありません。

 

スポーツフードスペシャリスト資格は、受験勉強から受験まで全てインターネットで行うことができますので、自分の好きな時間に少しずつ勉強しながら自宅で試験を受けることが可能です。

 

5位スポーツフードアドバイザー

 

スポーツフードアドバイザー資格を取得した人は、体の特徴や栄養素に関する知識を学んでおり、試合に勝つための体作りをするためのサポートをすることができます。また、協議によって異なる必要な栄養素をきちんと理解しているため、多くのアスリートに適切なアドバイスをすることが可能です。また、アスリートの天敵である怪我を予防する為に必要となるバランスの取れた食事を提供することができます。

 

まとめ

 

スポーツ選手が自分の持つ力をしっかりと発揮し、怪我を予防するための手助けをすることができるスポーツフード資格はいくつかあります。資格によって特徴が異なりますので、どの資格を取得すべきなのかしっかりと比較することが大切です。