資格

デッサン資格ランキング

tsushinkyouiku1

デッサンというものは、はまると結構面白いものです。自分でも満足するような仕上がりになることもあります。そんなデッサンや絵画の専門的な知識や技能を身に付けると、趣味が広がるだけではなく、副業として生かすこともできるのです。初心者でも、資格取得が目指せるデッサン系の資格をご紹介します。

1位:鉛筆デッサンマスター

【理由】鉛筆デッサンは簡単なようで、その濃淡の付け方などなかなか奥深いです。鉛筆を使って商品などのイメージ画を立体的に描くことができるのが鉛筆デッサンマスターです。そんなデッサンの基礎から応用まで技能を高め、最終的には、多くの物をデッサンに描くことができるようになります。ファッションや建築関連のデザイナーの方、また、アニメーションなどを手がける方など、絵を描くことが仕事上必要とされている方が、実務として鉛筆デッサンマスターの能力を発揮しているのが現状なのです。特にデザイナーやクリエイターの方にとって、頭の中に描いたイメージを絵にすることができる能力は重要な能力であり、イメージをより具体的に鮮明な絵にすることによって、次の工程にスムーズに進む事が可能になったり、相手により分かり易く、且つ具体的に伝える事が可能となります。「JDP 日本デザインプランナー協会」の認定試験に合格するか、通信講座で修了するかで、資格取得となります。試験はインターネットで申込ができ、在宅受験可能です。通信講座では、比較的簡単な身近なもののデッサンを学び、徐々に難易度の高い風景や人物のデッサンを学びます。デッサンを本格的に始めようという人も、段階的な内容になっていますので安心です。スケッチブックを持ち歩いて、デッサン生活を始めましょう。旅先での思い出を描きとめていけば財産にもなります。もちろん芸術関係の仕事を目指す人も役に立つ資格です。

費用 受験料 10,000円

2位:絵画インストラクター

【理由】今よりも上手く絵画を描けるようになりたい、独学で学ばず、専門的な知識や技能を身に付けたい方におすすめです。いろいろな所で、共通の趣味を持った人と出会い、コミュニティの輪を広げることができるのです。この資格を取れば、そんな趣味として楽しむのはもちろんのこと、自宅や教室で講師として活動することもできるようになります。また、芸術家の道もあります。絵画インストラクターは、絵画そのもののテクニックはもちろんのこと、各種画材や用具の使い方、デッサンの基本や応用技術などを学んで取得する資格です。「日本インストラクター協会」が実施する認定試験に合格すると、絵画インストラクターとしての活動ができるようになり、セミナーの講師などもできるようになります。最短で2か月で講座を終わらせることができるのもメリットの一つなのです。その後独立していく人もいます。絵画というものは、心を落ち着かせるものです。趣味として、また副業として幅を広げていってください。対象を線で描くデッサンは、対象物の特徴をしっかり捉えながら描いていくので、集中力が身につき、精神的なバランスを取ることができます。自己表現が思うようにできるので、無意識のうちにストレス解消に役立てることも可能なのです。これを学ぶだけでも、心身ともに、より生活を充実したものになるのです。

関連記事

  1. ヨーグルトマイスター認定試験の口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 秘書技能検定
  3. tsushinkyouiku1 介護職員初任者研修
  4. 犬・猫ペットブリーダー口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 工業英語能力検定試験
  6. 姿勢 姿勢資格人気ランキング
  7. tsushinkyouiku1 天然石セラピスト口コミ評判
  8. 焼酎セレクトマイスター口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP