資格

ハンドメイド・クラフト手芸資格ランキング

tsushinkyouiku1

手作りのクラフトや手芸作品をネットで出品!というタイトルをよく目にするようになってきました。一昔前までは、街の小さな雑貨屋さんで「かわいいね!」と買っていたのが今ではいろいろな種類の手芸作品をネット上で買うことができます。手作り専門のオンラインショッピングも登場し、ハンドメイド作品に人気が集中しています。今がチャンスです。プロの技術を習得してクラフト系の資格を取りましょう。

1位:クラフトマイスター

【理由】実用的な資格といえるのが、この「クラフトマイスター」という資格です。ハンドメイド作品を自由に創作できるという技能が身に付けられる資格です。「日本デザインプランナー協会」主催の認定試験に合格するか、クラフトマイスターの通信講座を受講し、資格を取るかのどちらかの方法で取得できます。通信講座では、段階を追って技術を習得していくことができ、一定の水準以上のレベルと判定されれば、認定を受けられます。特にクラフトを副業として考えている人に最適です。

費用 受験料 10,000円

2位:手芸アドバイザー

【理由】いわゆる手芸の先生になるために取得する資格です。カーピングやギャザー等の知識や技術を習得し、手芸の指導ができるまでになる必要があります。資格を生かして、カルチャースクールの講師もできます。また、取得に向けて学ぶことで、価値ある作品を商品として売り出すこともできます。この資格は、「日本生活環境支援協会」が管理しています。資格取得には、試験と、通信講座という方法があります。どちらも自宅で受けることができます。

費用 受験料 10,000円

3位:雑貨カフェクリエーター

【理由】「雑貨店とカフェ」というあこがれの開業をめざしませんか。雑貨店とカフェの両方のいいところを学び、開業までのプロに必要なノウハウやスキルを身につけることができます。ビジネスとして雑貨やカフェに興味のある人に向けたスクールが開催されています。資格は「日本雑貨カフェクリエーター協会」の3つの講座から、一つを選び受講する必要があります。週1回3か月のコースがあります。(最短7日間からの短期集中コース、自宅のDVDで学習できるDVD通学コース)自分のペースに合わせた学習方法で学べます。

4位:ハンドメイドクリエーター

【理由】アクセサリーやレザークラフト、手作りバッグなどのハンドメイド作品制作のためのスキルを磨き、お店を出したり教室の先生をしたり、ハンドメイド作家にもなることができます。雑貨づくりの基礎・基本から、ハンドメイドの最新の技術まで身に着けられます。「日本創芸学院」が管理する資格で、カリキュラムを受講し修了すると資格を取ることができます。

5位:棒針編み講師認定証

【理由】棒針編みという技術、専門的な知識やスキルを身につける資格です。9つある基本の編み方から、採寸方法、プルオーバーの製図の割り出し方まで、編み物の知識を習得していきます。2つのコース(入門コースと講師認定コース)があり、講師認定コースを修了すると、「日本手芸普及協会」又は「日本編物文化協会」が認める棒針編み講師認定証がもらえます。通信講座では、8回の添削課題のクリアと、半日程度のスクーリング受講が必要です。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 服飾インストラクター認定試験口コミ評判
  2. スムージー スムージーソムリエ認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 日商簿記検定
  4. tsushinkyouiku1 飾花インストラクター認定試験口コミ評判
  5. 和食 和食資格人気ランキング
  6. tsushinkyouiku1 論理的思考インストラクター口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 音楽療法インストラクター認定試験口コミ評判
  8. ウォーキング スポーツ運動資格人気ランキング

通信教育の人気記事

PAGE TOP