資格

ハーブ資格ランキング

tsushinkyouiku1

ハーブ茶は、心を安定させてくれますね。ハーブは女性に人気があり、その利用法も多種にわたっています。料理にも使えるし、癒しにも使えます。こんなハーブを基本から学び、その栽培方法やハーブを利用して自然療法にも活用できます。そんなハーブの香りによる効果を使っての治療ができるようになるための資格をご紹介します。

1位:メディカルハーブカウンセラー

【理由】ハーブのうち、薬効に優れているものをメディカルハーブといいます。メディカルハーブカウンセラーは、このハーブを依頼人の状態に合わせて、その組み合わせを考えて調合する仕事です。今流行りのハーブ専門店やエステサロンなどで、その知識や技術を生かして仕事に就くことができます。ハーブの効能のリラックス・リフレッシュ・デトックスについての知識を持ち、ハーブを使ったカウンセリングを行う技術が必要になります。ハーブに関する基本的な知識や種類、ハーブの歴史や栽培方法、ハーブティーの利用法などを学びます。「日本アロマメディカル心理セラピー協会」が認定する資格で、2か月に1度のペースで在宅試験に合格する必要があります。

2位:ハーブライフインストラクター

【理由】この資格を取得すれば、その知識と技術を利用し、サロンなどで活躍できます。また、自宅やカルチャースクールを使って学んだ知識を伝える講師としても活動ができます。

インストラクターとして副業としてもちょうどいい資格です。ハーブの基礎知識や利用方法、ハーブを使ったお茶や料理、栄養に関する内容などを理解する必要があります。そして、ハーブを生活の中で促進させる役割を果たします。この検定試験は、「日本安全食料料理協会」が認定している資格です。試験は在宅で受験できます。

3位:メディカルハーブ検定

【理由】上位資格を取得するために必要な知識を獲得できる検定といえます。資格を取ってからさらに研修を受け、協会に登録することで、メディカルハーブコーディネーターとしての認定を受けられるのです。この資格は「(非)日本メディカルハーブ協会」が認定しています。検定にあたっては、メディカルハーブの専門的な知識を深く学ぶこと、ハーブの種類や効果と作用、その活用方法や癒しとなるレシピなどの知識が求められます。試験は年2回(4月・9月)開催されます。

4位:ハーブセラピスト

【理由】自分自身のリフレッシュとして、また周囲の人により楽しい時間を過ごして貰えるように、この資格取得のためにハーブの効果や効能を正しく理解することが求められる上級者の資格です。ハーブを「癒し」という立場から考え、ハーブの基礎知識や栽培方法、ハーブティーの淹れ方まで勉強します。「日本ハーブセラピスト協会」の認定する資格で、体や心をリフレッシュするための、効果的なハーブの楽しみ方を学べます。資格を取るにはハーブ検定を受ける必要があります。認定試験はは―ブ検定1、2級の両方に合格していないと受験できません。

5位:ハーブコーディネーター

【理由】ハーブを使ったカフェ店や教室の開講など、ハーブのプロとして活躍できます。エステサロンをはじめ、介護施設やボランティア活動などでハーブの栽培方法から、料理への活用方法までを指導できるようになります。ハーブそのもののほか、ハーブを利用したクラフト作りやハーブと美容の関係などについても習得する必要があります。資格取得には、「日本園芸協会」による通信講座を受けることになります。終了後に認定資格が発行されます。

関連記事

  1. 焼酎 焼酎資格人気ランキング
  2. tsushinkyouiku1 住まいアドバイザー認定試験口コミ評判
  3. 手相 手相鑑定士認定試験口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 薬剤師
  5. ヨガインストラクター 美ヨガライフセラピスト口コミ評判
  6. 通信講座 資格ランキング
  7. tsushinkyouiku1 音楽資格ランキング
  8. tsushinkyouiku1 ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP