資格

ビオトープ管理士

ビオトープ管理士は、「公益財団法人 日本生態系協会」が認定する資格です。協会によれば、ビオトープ管理士とは、「自然と伝統が共存した美しく強靱な地域の創造を目指す技術者、端的に言えば、自然の保全・再生を任すことが出来る技術者」とされています。

ビオトープ管理士とは

ビオトープというのは、野生の生き物が生息する空間のことです。ビオトープ管理士は、このビオトープの保全事業や再生事業の担い手として活動することができる知識や技術などを有している専門家です。「ビオトープ管理士資格試験」に合格することで資格を取得することができます。

ビオトープ管理者の種類

ビオトープ管理者は、その専門性によって、ビオトープ計画管理士とビオトープ施工管理士に分かれています。

ビオトープ計画管理士は、「地域の自然生態系の保護・保全、復元、創出の理念や、野生生物等の調査技術を踏まえた、広域的な地域計画(都市計画、農村計画など)のプランナー」としての能力が問われる資格です。

ビオトープ施工管理士は、「地域の自然生態系の保護・保全、復元、創出の理念や、野生生物等の調査技術を踏まえた、設計・施工にあたる事業現場担当の技術者」としての能力が問われる資格です。

そして、それぞれの資格が1級と2級の2つのレベルに分かれています。1級は事業の責任者のレベル、2級は基礎的な知識のある技術者のレベルです。

ビオトープ管理士の受験資格

2級については、受験資格はありません。誰でも受験することができます。1級については、受験資格として実務経験が必要になります。

実務経験には、地域計画の事業における基本構想の策定や計画、設計などや、土木工事や造園工事の現場設計や施工など、自然環境の保護・保全に関する活動などがあります。

実務経験は最長で14年以上が必要とされますが、学歴や保有資格によって短縮されます。例えば、4年制大学を卒業している場合には7年以上になりますし、2級ビオトープ管理士の資格取得後7年以上の実務経験でも要件を満たします。

試験の内容

1級の試験は、筆記試験と口述試験があります。筆記試験では、択一問題50問、記述問題4問、小論文1問が課されます。筆記試験の合格者が口述試験を受験できます。

択一問題は共通科目と専門科目に分かれます。共通科目は、生態学10問、ビオトープ論10問、環境関連法10問の計30問です。専門科目は出願に応じて計画部門と施工部門に分かれます。専門科目の出題数は20問です。

記述式問題は、原則として400字以内で解答するものです。計4問が出題されます。小論文は、1200字以内で解答するもの1問です。口述試験は試験官との面接形式で行われます。口述試験の試験時間は、受験者1人あたり約15分です。

2級では、択一問題と小論文が出題されます。択一問題の出題数と分野は1級と同じです。2級の小論文は、原則として400字以内で解答するものです。

今後の展望

ビオトープ管理士は、それだけを専門に仕事をするのは難しいのが現状です。就職先としては、建設業や住宅メーカー、造園業などがあります。

もっとも、ビオトープ管理士は、環境省などの省庁や地方自治体の業務入札条件や技術者の評価対象として採用されています。現在ではまだ知名度は高くない資格ですが、環境問題に関する意識が高まる中で、ビオトープ管理士は今後有望な資格であるといえるでしょう。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 証券アナリスト(CMAR)
  2. tsushinkyouiku1 税理士
  3. tsushinkyouiku1 カラーセラピー認定試験口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 建築士
  5. tsushinkyouiku1 CADデザインマスター認定試験口コミ評判
  6. 犬のしつけインストラクター口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 家庭菜園インストラクター口コミ評判
  8. 犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング
PAGE TOP