資格

ピアノ調律技能士

ピアノ調律技能士は、国が実施している技能検定に合格することで名乗ることができます。名称独占資格であり、この資格がなければピアノ調律の仕事ができないというわけではありませんが、ピアノ調律は特別な技術を要する仕事なので、お客様からの信頼を得るためにも資格を取得しておくことが望ましいと考えられます。

国家資格ですが、検定試験は、指定試験機関である「一般財団法人 日本ピアノ調律師協会」が実施しています。

検定の種類と受験資格

ピアノ調律技能検定には、1級から3級までのレベルがあります。

1級は、グランドピアノ、アップライトピアノの調律(教義の調律に整調、修理を含む)ができるレベルです。2級は、アップライトピアノの調律とグランドピアノの一部の調律ができるレベルです。3級は、アップライトピアノの基本的な調律ができるレベルです。受験資格を満たしていれば、どの級からでも受験することができます。

1級の受験資格は、7年以上ピアノ調律に関する業務に携わった経験があることです。この実務経験の期間は、日本ピアノ調律師協会が定めたピアノ調律に関する科目等が含まれると協会が認めた学校(大学、短大や専門高校など)やピアノメーカーの養成機関などを卒業・修了した場合には、最大で3年以上にまで短縮されます。また、2級の合格者は合格後2年以上の実務経験で1級を受験することができます。

2級の受験資格は、2年以上の実務経験を有することです。日本ピアノ調律師協会が認めた学校・養成機関のうち大学以外を卒業した場合は、実務経験の期間が1年以上に短縮されます。協会が認めた大学を卒業した場合と3級の合格者は実務経験の期間は不要です。

3級は、1年以上の実務経験があるか、あるいは日本ピアノ調律師協会が認めた学校・養成機関を卒業・修了していれば受験資格が得られます。

試験の内容

各級とも試験には学科試験と実技試験があります。学科試験の合格者が実技試験を受験することができます。学科試験の合格者は、合格後2年を経過するまで学科試験の免除を受けることができます。

学科試験は、真偽問題25問と多肢択一問題が25問の計50問です。試験時間は60分、マークシート方式で解答します。真偽問題は1問1点、多肢択一問題は1問3点の100点満点です。

学科試験の試験科目は、1級の場合、音楽一般、ピアノ概論、ピアノ調律、ピアノ整調、ピアノ整音、ピアノ修理、ハイブリッドピアノのメンテナンスの7科目です。2級と3級は、1級の科目からピアノ整音を除いた6科目です。ただし、同じ科目でも、出題範囲や細目は級毎に異なります。

実技試験では、実際にピアノ調律の作業を行います。試験科目ごとに試験時間が定められています。例えば、1級のグランドピアノ調律は80分、グランドピアノ整調は20分です。

実技試験の試験科目は、各級ともピアノ調律作業、ピアノ整調作業、ピアノ修理作業の3科目です。もっとも、学科試験の場合と同様に、出題範囲や細目は級毎に異なります。

今後の展望

少子化の影響などによって、日本国内のピアノの販売台数は減少しているといわれます。そのため、ピアノ調律師の仕事も全体としては減少傾向にあります。もっとも、ピアノは一度購入すると継続的なメンテナンスが必要になるものですから、ピアノ調律師の仕事は減少することはあっても、なくなることはありません。

ピアノ調律師を目指す人は、技能検定に早めに合格しておくと、仕事の幅を広げることができるでしょう。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 キッチン心理アドバイザー認定試験口コミ評判
  2. 発酵食健康アドバイザー認定試験の口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 短期で取得できる女性に有望な資格ランキング
  4. tsushinkyouiku1 キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 弁護士
  6. 健康西洋料理インストラクター認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 手紙・文章ライター口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 ベジスイーツマイスター口コミ評判
PAGE TOP