資格

ファイナンシャルプランナー(FP技能検定)

tsushinkyouiku1

ファイナンシャルプランナー(FP技能検定)

ファイナンシャルプランナーは、家計管理や資産運用について、顧客にアドバイスをすることを仕事にしています。資格としては、国家資格であるファイナンシャルプランナー技能検定(FP技能検定)と、日本FP協会が認定するAFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)と、その上級資格であるCFPR(サーティファイド ファイナンシャル プランナーR)があります。FP技能検定は、1級から3級までが認定されます。ここでは、FP技能検定について、説明します。

ファイナンシャルプランナーの仕事

ファイナンシャルプランナーとして独立開業することも可能ですが、FP会社に就職することも可能です。知識を生かして講演やセミナーを実施したり、執筆活動を行ったりしている場合もあります。また、金融機関や一般企業で企業内FPとして働く人もいます。ファイナンシャルプランナーの知識は、金融、不動産、住宅ローン、税制、保健、年金、相続など広範な分野に及び、人生の全般に関わるものなので、様々な企業で採用やキャリアアップに有利になります。

試験の内容

1級、2級、3級のいずれも学科試験と実技試験が実施されます。FP技能検定には、実施団体が2つあり、金融財産事情研究会と日本FP協会が実施団体となっています。1級と2級の実技試験は、実施している団体によって実施している試験が異なるので、注意が必要です。

3級の学科試験は、マークシート方式で、○×式と三答択一式が合わせて60問出題されます。合格基準は、60点満点で36点以上です。学科試験の試験範囲は、細目は異なりますが基本的には各級共通で、(1)ライフプランニングと資金計画、(2)リスク管理、(3)金融資産運用、(4)タックスプランニング、(5)不動産、(6)相続・事業承継となっています。

実技試験は、選択科目方式で、個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務、資産設計提案業務から一つを受検します。合格基準は、50点満点で30点以上です。学科試験と実技試験の両方の試験に合格する必要があります。学科試験と実技試験は、一部合格が可能で、翌々年度までの試験で、合格した試験の免除を受けることができます。

2級の学科試験は、マークシート方式で、四答択一式60問です。合格基準は、60点満点で36点以上です。実技試験は、選択科目方式で、個人資産相談業務、中小企業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務、資産設計提案業務から一つを受検します。合格基準は、50点満点で30点以上です(日本FP協会が実施する資産設計提案業務については、100点満点で60点以上)。学科試験と実技試験は一部合格が可能な点、翌々年まで免除が可能な点は、3級の場合と同じです。

1級の学科試験は、マークシート方式の四答択一式50問と、記述式による筆記試験5題です。合格基準は、200点満点で120点以上です。実技試験は、学科試験の合格者が受検することができます(学科試験合格の翌々年度末の実技試験まで受検できます)。口頭試問形式で行われます。試験範囲は、資産相談業務、又は資産設計提案業務です。合格基準は、200点満点で120点以上です(日本FP協会が実施する資産設計提案業務については、100点満点で60点以上)。実技試験に合格すると合格証書が発行されます。

試験の合格率

試験の合格率は、3級の学科試験が55%~75%程度、実技試験が65%程度。2級の学科試験が20%~25%程度、実技試験が30%~50%程度。1級の学科試験が10%~13%程度、実技試験が80%程度となっています。

今後の展望

ファイナンシャルプランナーに要求される知識や技能は、幅広く、汎用性が高いものなので、多くの企業で重宝されます。社労士や税理士などの資格と併有することで業務の幅を広げることも可能であり、今後も就職や転職、独立開業に有利な資格であり続けることが予想されます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 観光英語検定
  2. 校正技能検定
  3. tsushinkyouiku1 音楽資格ランキング
  4. tsushinkyouiku1 スパイス香辛料アドバイザー認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 貴金属装身具製作技能検定
  6. tsushinkyouiku1 歯科衛生士
  7. ビオトープ管理士
  8. tsushinkyouiku1 手作り石鹸資格人気ランキング
PAGE TOP