資格

ファッションデザイン・デザイナー資格ランキング

tsushinkyouiku1

ファッションデザイナーとしての夢は、自分のブランドをもつことではないでしょうか。今、ファッションやアパレル業界は華やかで、多くの人が憧れる仕事といえます。そんなファッションやアパレル業界の仕事を目指す人やすでに関連した仕事に就いている人におすすめの資格をご紹介します。

1位:ファッションデザイナー

【理由】ファッションデザイナーの資格を持っていると、ファッションデザインについて詳しい知識や技能を持っている証明ができますね。それを生かすと就職や転職に絶対に有利に働くでしょう。ファッションにおけるそれぞれの名称やその素材や形、歴史に至るまで、幅広い専門知識が必要となります。その知識を得ることによってファッションデザインの基礎から応用までがわかります。ファッションに興味を持っている人なら楽しんで学習ができるのではないでしょうか。この資格は、「JDP日本デザインプランナー協会」が主催する資格認定試験に合格するか、通信講座を受講し修了することが求められます。

費用 受験料 10,000円

2位:服飾インストラクター

【理由】資格を取得すると、服飾インストラクターというりっぱな仕事ができます。カルチャースクールも開くことが可能なのです。ファッション業界で働く人にとっては、必須といえる資格です。仕事に生かせるのはもちろんのこと、自身の日々の生活の中でも洋服の着こなしやスタイリングに役立てることができます。服飾インストラクターは、デザインやスタイリングの豊富で深い知識が求められ、認定試験に合格すると取得できる資格です。ファッションのコーディネートや色使い、素材の組み合わせ方に至るまで服飾全般の知識が身に付きます。それらを熟知しているのは強力で、仕事にはきっと役立ちます。資格取得には、試験と通信講座があります。

費用 受験料 10,000円

3位:カラーコーディネーター検定

【理由】色の組み合わせによって、そのイメージや雰囲気はガラッと変わるものです。私たちは無意識のうちに色から影響を受けているのです。そんな色の特性をしっかりと学び、ビジネスの現場で生かすことがカラーコーディネーターの仕事です。色に関する専門家として、就職や転職に有利に働きます。この検定では、色についての知識(性質や人に与える影響など)を学びます。この資格は「日本ファッション振興協会」が主催する検定試験で合格することが求められます。1級から3級までの段階で、それぞれに検定試験があります。

4位:パーソナルカラー検定

【理由】パーソナルカラーとは、人が生まれながらに持つ肌や髪、肌などの色に似合う色のことです。色彩学に基づいて理論化されています。パーソナルカラー検定の取得のためには、その理論について知識と技術が一定レベル以上になる必要があります。このパーソナルカラー検定は、「日本カラーコーディネーター協会」が主催する検定で初級から中級、上級と進むことができるので、段階的に習得することができます。それぞれ試験日が決まっています。

5位:ファッションビジネス能力検定試験

【理由】ファッションビジネスで働く人にとっては、この資格を取得しておくのがいいでしょう。ファッションビジネスに必要な様々な知識、マーケティングやマーチャンダイジング、マネジメントやプロモーションの知識を学ぶことになります。働く上での必要な知識を体系的に、また総合的に身に付けていることが求められます。検定試験は、1級から3級まで分かれています。

6位:色彩検定

【理由】ロゴや商品パッケージという非常に大切な部分に、購買者の目を引く色彩を提案していきます。検定試験は、色についての知識や技能を幅広く問われます。感性でない、科学的に色を活用する能力を身に付けていきます。この検定の歴史は古く、その規模も大きいです。「色彩検定協会」が主催する検定で、1級から3級までで段階的に資格を習得できます。

関連記事

  1. タロットカード スピリチュアルタロットアドバイザー口コミ評判
  2. ヨガインストラクター 美ヨガライフインストラクター口コミ評判
  3. 数秘術 数秘術資格人気ランキング
  4. tsushinkyouiku1 精神保健福祉士
  5. tsushinkyouiku1 西洋占星術資格人気ランキング
  6. tsushinkyouiku1 ファイナンシャルプランナー(FP技能検定)
  7. tsushinkyouiku1 安眠インストラクター認定試験口コミ評判
  8. ヨーグルト ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP