資格

フラワーアレンジメント花資格ランキング

tsushinkyouiku1

女性の憧れの仕事でしょうか。フラワーアレンジメントというものは、心を和やかにしてくれます。ホテルのロビーで鮮やかな姿を見せてくれています。そんな一つ一つが個性を持ったお花をどのようにアレンジしたら、より生き生きとするか、そんなことを考えながらお仕事ができたら最高ですね。

1位:フラワーアレンジメントデザイナー

【理由】あらゆるフラワーアレンジメントを、そのシーン別にデザインすること、イベント行事だけでなく、インテリアや服飾に添える花を美しく仕上げる、そんな専門知識を身につけられる資格です。生花を主体にフラワー装飾を行い、花に関しての知識や技術が求められます。「日本デザインプランナー協会」主催の認定試験に合格するか、フラワーアレンジメントデザイナーの通信講座を受けるか、どちらかによって資格を取ることができます。通信講座は、最短なら2か月で修了する事ができます。資格を取得すれば、生花店や式典会場などへの就職に有利です。

費用 受講料 10,000円

2位:飾花インストラクター

【理由】花器や花に関する知識、飾花の技術を実践できるようになることが求められる資格です。それぞれのシーンや顧客の希望に合ったお花のアレンジを提案、アドバイスをする技能が身につきます。この資格を生かしてフラワーアレンジメントのインストラクターとして活躍できます。資格取得の方法は、「日本インストラクター協会」が主催する在宅試験と、通信講座があります。
費用 受講料 10,000円

3位:フラワー装飾技能士

【理由】厚生労働省が認定する国家資格です。あの華やかなブライダルブーケやパーティー、葬儀場の飾りまで、フラワー装飾技術を十分に身につける国家資格です。1級から3級まであります。生花を主体に、フラワー装飾はもちろんのこと、花に関する深い知識や技能が求められます。資格を取得することで、生花店や式典会場などへの就職は、確実に有利になります。ただ、1級の認定試験を受けるためには、実務経験が7年以上という条件がつきます。少しハードルが高いです。資格には1級・2級・3級とあり、試験は毎年1回6月から9月の間に開催されます。

?

4位:NFDフラワーデザイナー

【理由】フラワーデザインの基礎知識から、デザインを提案できる技能までの身につける資格です。花の装飾という技術を持って、ブーケづくりやテーブルデコレーションなどの技術を学びます。資格を取得すれば、フラワーアレンジメントの展覧会にも出展できるようになり、趣味としても仕事としても意味のある資格と言えます。「日本フラワーデザイナー協会」が管理する資格で、入学し、試験に合格する流れです。1級から3級までの試験が用意されています。月謝や費用は、スクールによってまちまちですので、同協会のHPをチェックしてください。

5位:ブリザードフラワーアドバイザー

【理由】いつまでも美しく保つことができるブリザードフラワーは、実用的で需要も増えてきています。このアドバイザーの資格はブリザードフラワーの技術を学ぶものです。なかなか難しいワイヤリングやテーピングの技術、また、ブリザードフラワーを保管する方法など、生花とは違う方法を学びます。「日本アーティフィシャルフラワー協会」が認定する資格で、試験に合格する事で資格が取れます。試験は年2回、3月と7月に開催されています。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 薬膳調整師 認定試験口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 メンタル心理インストラクター認定試験口コミ評判
  3. タロットカード タロットカード・占い師資格人気ランキング
  4. 猫資格 猫の育て方アドバイザー口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 ソムリエインストラクター認定試験口コミ評判
  6. 幼児食マイスター認定試験口コミ評判
  7. ウォーキング 健康ウォーキングアドバイザー口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP