資格

ペット繁殖インストラクター口コミ評判

犬や猫のブリーダーはたくさんいますね。ブリーダーというのは、育種家のことで、動物の繁殖や改良に従事する人のことです。
正しく繁殖をさせるために、ブリーダーを指導するインストラクターになりたいという人もたくさんいるでしょう。犬や猫をペットとして、家族同様に飼う人のためにも、知識は必要です。ここで、ペット繁殖インストラクターという資格について紹介します。

ペット繁殖インストラクターとは

ペット繁殖インストラクターは、日本インストラクターが発行している資格です。犬や猫についての知識があることが認められた資格です。具体的に、知識とはどういうことでしょう。まず、犬については次の項目についての知識です。外部委託・人工授精についての交配、犬の妊娠周期、オスとメスの飼育配合、出産可能期間と終生飼育です。終生飼育というのは、犬が生き抜くその瞬間までしっかり見届けるということです。飼い主の都合で、途中でなげだすことがあってはならないのです。

また、犬の種類によって異なる繁殖の注意点です。犬の種類は、ラインブリーディング、ダックス、チワワ、トイプードル、フレンチブルドッグ、ヨークシャーテリア、ミックス犬、大型犬、日本犬、です。ほかには、希少カラーの繁殖とリスク、性格のよい子犬を排出する方法、といった項目についての知識が必要です。

次に、猫についての知識です。猫ブリーダー業の準備、完全室内での飼育方法、混合ワクチン接種などの健康管理、食事管理、肥満による妊娠のデメリットを知ること、交配、劣性遺伝種繁殖の注意点、です。たとえば、スコティッシュホールドという耳が折れた種類の猫は、希少種といわれています。さらに、尾の奇形出産、離乳、出荷までの流れについての知識が必要です。ペットの繁殖なので、犬と猫の両方についての知識が問われます。資格取得後は、インストラクターとして活動できます。

ペット繁殖インストラクター認定試験

ペット繁殖インストラクター認定試験を受けるための資格は特にありません。あるとしたら、ペットに対するこの上ない愛情、ということでしょうか。
受験費用は消費税込み1万円です。インターネットで、日本インストラクター協会のホームページから申し込みをした後、在宅で受験します。協会から、受験票、試験問題、解答用紙が届くときに、引き換えに受験費用を配送スタッフに支払います。

試験期間内で日にちを選んで解答用紙に記入して、提出期限までに返信用の封筒を使って、協会に送ります。自分で、試験を受ける日にちを選ぶことができるので、仕事で時間がないという人にも、受験しやすい環境が整っているのです。提出期限から20日ほどで、合否の通知が発送されてきます。

ペット繁殖インストラクター認定試験の口コミ

昨今人気を集めているペット繁殖インストラクターの口コミです。
・信頼されるブリーダーになりたい
・家庭繁殖でこつこつやっている

ブリーダーは、直接購入する個人顧客あるいはペットショップとの信頼関係がとても大切です。ペットの取引だけにとどまらず、取引は信頼です。その信頼の裏付けとして、ペット繁殖インストラクターという資格があります。
ブリーダーという職種の口コミや評判をネットで見ると、実際に購入した人からの苦情も多くみられます。その反面、とてもよいブリーダーから買うことができて、楽しいペットライスを過ごしているという人も多くいます。ペットへの愛情があり、信頼できるブリーダーの証明として、ペット繁殖インストラクターという資格は、仕事にしていく上でも役に立つといえるでしょう。

まとめ

ペット繁殖インストラクターについて紹介しました。インストラクターなので、指導するというのが目的でもあります。自宅やスクールでの講師活動ができます。
ただ、資格を持っているから指導する、というだけではなく、知識を活かして仕事もできます。ペット繁殖インストラクターという資格は、ペットを飼っている人にも、これからペットを飼おうとしている人にも、必要な知識を得られるというメリットがありますね。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 ベジスイーツマイスター口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 収納・片付け資格評判ランキング
  3. tsushinkyouiku1 心理カウンセラー・メンタル心理資格ランキング
  4. tsushinkyouiku1 CAD資格ランキング
  5. tsushinkyouiku1 薬剤師
  6. tsushinkyouiku1 あん摩マッサージ指圧師
  7. 洋食資格人気ランキング
  8. tsushinkyouiku1 シューフィッター

通信教育の人気記事

PAGE TOP