資格

ペン字・手紙資格人気ランキング

tsushinkyouiku1

日本語の優雅な表現を手紙に書けたら、美しい字で自分の思いを伝えられたら、そんな思いは多くの人が抱いていることでしょう。

コンピューターが氾濫しメールやSNS等で思いを伝え合う世の中になっている現在、逆に手書きの優しさや温もりが再認識され価値を高めています。

手書きが見直されている今こそ、知ってるようで知らないペン字や手紙の知識を復習しながら資格に挑戦してみてはいかがでしょう。

1位 レターライティングマスター

正しい日本語を美しく手紙に書いて自分を表現したい。美しい言葉や言葉遣いを学びたい。敬語を優雅にさり気なく使いこなしたい。そんな方におすすめなのがレターライティングマスターです。

レターライティングマスターとは、手紙を書くための基礎知識から気持ちの表現方法、敬語や季語等の上手な使い方、また日本語本来の美しい言葉遣い等を的確に表現でき、好印象を与えられる手紙が書けると認められた人に与えられる資格です。

資格取得後は、カルチャースクール等で講師として活動することが認められます。

日本人として、身につけておきたい内容ですね。

受験申請  インターネットホームページ上から申し込み

https://www.designshikaku.net/test/letterwriting/mou/

受験方式  在宅受験

主催    JDP 日本デザインプランナー協会

https://www.designshikaku.net/test/letterwriting/

2位 手紙・文章ライター

手紙・文章ライターとは、手紙を書く際に必要な知識や楽しい表現、親しみの籠った表現などの書き方を習得していること。そして文章の構成が正確に出来ていること。これらを状況に合わせ的確に書ける高度なレベルの持ち主であると認められた人に与えられる資格です。

資格取得後は、ライターとして副業ができるかもしれませんね。

受験申請  インターネットホームページ上から申し込み

https://www.jpinstructor.org/insutomoushikomi/

受験方式  在宅受験

主催    JIA 日本インストラクター協会

https://www.jpinstructor.org/shikaku/tegamiletter/

3位 硬筆書写検定(ペン字検定)

硬筆とはペンや鉛筆など硬い筆記具で書く硬筆習字のことです。パソコン等の普及で手書きのチャンスが減ったとはいえ、人の目に付く伝言メモ等にも綺麗な字で書きたいと思う人が逆に増えている現象は日本人として嬉しいですね。

硬筆書写検定は、IT社会になっても安定した支持を得ている資格です。

硬筆書写検定は、協会が定める「硬筆書写技能審査基準」に基づいて以下の様に6等級に段階分けされています。試験も各等級ごとに設けられており、定められたレベルに達した合格者に各等級の合格証書が授与されます。

  • 5級  初心者レベルの技術と知識を有し、硬筆ができるレベル
  • 4級  基本的技術と知識を有し、硬筆ができるレベル
  • 3級  基礎的技術と知識を有し、硬筆ができるレベル
  • 2級  専門的技術と知識を有し、硬筆ができるレベル
  • 準1級 より深い専門的技術を有し、硬筆ができるレベル
  • 1級  高度な専門的技術と知識を有し、高度な硬筆ができるレベル

3級までは、結構容易に合格しているようですが、2級1級と上級になるに従って狭き門になっているようです。

試験会場、日時等は協会のホームページに掲載されていますので、興味のある方は協会のホームページにアクセスしてみるとよいでしょう。

主催  一般財団法人 日本書写機能検定協会

http://www.nihon-shosha.or.jp/pen/

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 介護職員初任者研修
  2. tsushinkyouiku1 コーヒーソムリエ認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 ファッション販売能力検定
  4. tsushinkyouiku1 クリーニングインストラクター認定試験口コミ評判
  5. ドッグトレーニング 犬のしつけインストラクター口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 DIY資格人気ランキング
  7. tsushinkyouiku1 インテリア資格ランキング
  8. tsushinkyouiku1 ビーズアクセサリーインストラクター試験

通信教育の人気記事

PAGE TOP