資格

メンタルヘルス・マネジメント検定

tsushinkyouiku1

メンタルヘルス・マネジメント検定とは、メンタルヘルス(精神的な健康、心の健康のこと)についての知識や技術を習得していることを判定することを目的とする検定です。大阪商工会議所が実施している検定で、職場内での役割に応じたメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を取得しているか否かを問われます。

メンタルヘルス・マネジメント検定とは

職場において、心の問題で健康を害する人が増える中、メンタルヘルスについての知識を持った人材が求められるようになってきています。そこで、メンタルヘルスケアに関する知識や対処方法をマスターした人材を養成するために作られた検定が、メンタルヘルス・マネジメント検定です。メンタルヘルス・マネジメント検定を取得する上で、学ぶべき内容(=出題内容)の特徴としては、第1次予防(疾病の未然防止と健康増進)に重点をおいていること、ラインによるケア、組織全体によるケアを促進することを重視していること、産業保健だけでなく、人事労務管理の観点も重視されていることがあります。なお、ラインによるケアというのは、管理監督者(会社の上司)が部下の心の健康維持のために行う対策のことをいいます。

検定試験のコースについて

メンタルヘルス・マネジメント検定には、Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種の3つのコースが設定されています。これらは、難易度による種別ではなく、検定の対象者による種別ですが、試験範囲や試験の合格率から考えると、Ⅲ種から順に難しい検定となっているといえます。

まず、Ⅲ種は、組織における従業員自らのメンタルヘルス対策を推進することを目的としています。試験では、セルフケアの重要性や、ストレスへの気づき方、ストレスへの対処法といったものが出題されます。これに対して、Ⅱ種は、部門内、上司としての部下のメンタルヘルス対策の推進を目的としています。試験では、職場環境の評価や改善の方法、労働者からの相談の受け方、復職者への支援の方法などが出題されます。Ⅰ種は、社内のメンタルヘルス対策の推進を目的としています。人事労務管理のスタッフや経営幹部を対象としていて、試験では、人材労務管理スタッフに求められる能力、相談体制の確立などについて、出題されます。

検定試験の内容

Ⅰ種では、選択問題と論述問題、Ⅱ種とⅢ種では、選択問題が出題されます。選択問題はマークシート式です。各コースとも、問題は、公式テキストの内容とそれを理解した上での応用力を問うとされています。配点は、Ⅰ種の選択問題と論述問題が、それぞれ100点と50点の配点、Ⅱ種とⅢ種の選択問題が100点の配点となっています。Ⅰ種は、合計105点以上で合格、Ⅱ種とⅢ種は、70点で合格とされています。ただし、Ⅰ種については、論述問題で25点以上を獲得している必要があります。

検定試験の合格率

合格基準を満たした人は全員合格できる検定試験なので、合格率は出題の難易度によって変動しますが、おおよその数字としては、Ⅰ種が10%~18%、Ⅱ種が40%~60%、Ⅲ種が70%~85%です。

今後の展望

厚生労働省が「労働者の心の健康の保持のための指針」を発表するなど、メンタルヘルスケアに対する関心が高まっています。それを反映して、メンタルヘルス・マネジメント検定の申込者も増加していて、2006年に開始されてから、9年間で3.8倍に増加しています。社会的な関心が高まっているという背景もあり、今後ますます注目されていくであろう資格です。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 色彩検定
  2. tsushinkyouiku1 レジン資格人気ランキング
  3. tsushinkyouiku1 手作り石鹸インストラクター口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 論理的思考インストラクター口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 就職・転職に有利な資格ランキング!
  6. tsushinkyouiku1 観光英語検定
  7. tsushinkyouiku1 パワーストーン資格人気ランキング
  8. 幼児食資格人気ランキング
PAGE TOP