資格

中華料理資格人気ランキング

中華料理

酢豚やチャーハンなど多くの日本人に愛されている中華料理は人気が高く、たくさんの人が注目しています。中華料理は味付けや調理方法が独特で、日本人が普段慣れ親しんでいる和食とは異なる料理です。中華料理の基礎を学び、自分で作ったり人に教えたりしたくなった人は、中華料理の資格を会得しましょう。資格は数種類ありますので、どの資格を取得したいのか、しっかりと判断できるように資格を比較することが重要です。

1位 中華料理ソムリエ

中華料理の歴史や四大中華料理についてきちんと学んだ人が取得できる資格として有名なのが、中華料理ソムリエです。中国大陸は大きく、地方によって料理の特徴が異なります。中華料理ソムリエは中華料理の特徴や基本的なマナー、作り方について理解しているため、資格を活用して自宅やカルチャースクールで中華料理のことを教えることができます。

中華料理が好きな方や飲食業界で働いてみたいと思っている人にオススメの資格です。中華料理ソムリエ資格を取得するための認定試験は、受験資格を設けていませんので誰でも挑戦可能です。試験に合格するためには70%以上の評価を獲得しなければいけませんので、きちんと勉強しておきましょう。

2位 中華料理調理インストラクター

日本インストラクター協会が管轄する中華料理の資格として有名なのが、中華料理調理インストラクターです。中華料理に関する知識はもちろんのこと、料理と一緒に美味しく飲むことが出来る中国茶や中国酒に関する情報も必要とされる資格となっています。中華料理調理インストラクター資格所持者は、水餃子や小籠包、ゴマ団子など多くのレシピを知っており実際に作ることができますので、家族や友人に美味しい中華を振る舞うことができます。

中華料理調理インストラクター資格所持者の中には資格を活用してカルチャースクールなどで講師活動をしている人もいますので、資格を取得して後悔することはありません。中華料理調理インストラクターになるためには、日本インストラクター協会が行っている認定試験を受けて合格する必要があります。認定試験で獲得した評価が7割に満たない方は不合格となってしまいますので注意が必要です。中華料理調理インストラクター認定試験は誰でも受験することができ、受験会場が決められていません。そのため、試験独特の緊張感に悩まされることなくリラックスして挑戦することができます。

3位 IPA中華料理技師資格試験

一般社法人国際職業能力資格認定協会が認定する中華料理に関する資格として認知されているのが、IPA中華料理技師資格試験です。IPA中華料理技師資格試験は、国内の中華料理文化や調理で必要とされているスキルなどをきちんと理解している人が獲得できる民間資格です。IPA中華料理技師資格試験は2級と1級、特級の3種類があり、自分のスキルに適した認定試験に挑戦することができます。試験は1次試験と2次試験があり、1次試験は学科試験が行われ、2次試験では実技試験が行われます。

1次試験の学科試験を受験するためには、調理師免許や経験、国外の調理専門大学を卒業し経験があることが条件となっていますので、しっかりと中華料理のことを学んでから受験する必要があります。一般社団法人国際職業能力資格検定協会の公式サイトでは、試験を受ける際の注意点や試験の流れを詳しく記載していますので、受験前に必ず確認しておきましょう。

まとめ

中華料理の種類は多く、美味しい料理が多いので多くの人に愛されています。中華料理について正しい知識とスキルを持つことができれば、自宅などで多くの人に自分が作った中華料理を提供することができます。中華料理の資格は複数あり、資格によって内容が異なりますので、自分が中華料理のことを勉強してどうしたいのかを考え、自分の目標に合った資格を選んでチャレンジしてみることが大切です。後で後悔しても遅いので、事前に資格について把握しておきましょう。
中華料理資格  中華料理資格