資格

介護職員初任者研修

tsushinkyouiku1

介護職員初任者研修とは、訪問介護や施設の介護職員として働く上で必要となる基本的な知識や技術を修得していることを示す資格です。家族の介護のために必要な知識や技術を学ぶために利用する人もいます。

介護職員初任者研修は比較的新しい資格です。従来複雑で分かりにくいとされていたホームヘルパー1級・2級、介護職員基礎研修などが並存する制度を改め、一本化するために創設されました。

介護の仕事内容

介護職員初任者研修を修了した人は、訪問介護を行ったり(ホームヘルパー)、介護施設のスタッフとして働くことが一般的です。

介護の仕事は、身体介護と生活援助に大きく分かれます。身体介護というのは、高齢者や身障者の日常生活のケアをすることです。トイレや入浴、食事や着替えといった日常の動作に不自由がある方のサポートをします。ホームヘルパーと家政婦を同じようなものと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、訪問介護での身体介護は資格を持っている人でなければ行えないことになっています。ここでいう資格には、初任者研修を修了していることが含まれます。

生活援助というのは、掃除や食事の支度、洗濯、買い物などを利用者に代わって行うことです。

介護職員初任者研修の内容

介護職員初任者研修は、都道府県知事が指定した研修業者(専門学校など)が実施しています。研修の総時間数は130時間で、全科目の修了時には筆記試験による修了評価が行われます。研修科目と時間数は、以下の通りです。

職務の理解 6時間、介護における尊厳の保持・自立支援 9時間、介護の基本 6時間、介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間、介護におけるコミュニケーション技術 6時間、老化の理解 6時間、認知症の理解 6時間、障害の理解 3時間、こころとからだのしくみと生活支援技術 75時間、振り返り 4時間

なお、筆記試験については合格率などは公表されていませんが、研修の内容を確認する主旨のものであり、難易度は高くないといわれています。

介護職員のキャリアパス

キャリアパスというのは、出世や昇進のルートのことをいいます。従来は分かりにくいとされていた介護職員のキャリアパスは、介護職員初任者研修が導入されることで分かりやすく整理されました。

介護職員初任者研修は、介護職員のキャリアの入り口にあたる資格です。

次に実務者研修があります。実務者研修という名称ですが、実務経験がなくても受講できます。総研修時間は450時間ですが、介護職員初任者研修の修了者は、130時間分が免除になります。

その次が介護福祉士です。福祉系の高校や専門学校などの養成施設を卒業していない場合、実務経験が3年以上あり、かつ実務者研修を修了していることが受験資格になります。

なお、介護福祉士の次に認定介護福祉士というものが創設される予定になっていますが、現在(2016年12月)のところ具体的な開始時期は未定です。

今後の展望

介護職員の採用は未経験・無資格でも可能ではありますが、採用数は少なくなります。介護職員初任者研修を修了すれば、採用の幅も広がりますし待遇面も良くなります。また、介護職員初任者研修の後には、実務者研修、介護福祉士といったキャリアップの道もあります。

日本が高齢化していく中で介護に関わる人材の不足はこれからも続いていくことが予想されますから、介護の仕事をやりたいと思っている人は、まずは介護職員初任者研修を受講・修了されることをお勧めします。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 臨床工学技士
  2. tsushinkyouiku1 TOEICRテスト
  3. tsushinkyouiku1 西洋占星術資格人気ランキング
  4. 発酵食健康アドバイザー認定試験の口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 キャンドル資格ランキング
  6. tsushinkyouiku1 紅茶マイスター認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 スパイス香辛料アドバイザー認定試験口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 エステティシャン
PAGE TOP