資格

作業療法士

tsushinkyouiku1

作業療法士は、医師の指示の下で、リハビリテーション(リハビリ)を行う専門家です。リハビリの専門家の資格としては、理学療法士、言語聴覚士といった資格もありますが、作業療法士は、作業療法を通じて日常生活に必要な能力を高める訓練をすることに特徴があります。また、作業療法士は、身体的なリハビリだけでなく、精神的なリハビリを行うことも特徴です。

作業療法士の仕事

作業療法士が担当するリハビリは、理学療法士が担当するリハビリに比べると、手先の細かい動作などの、より高度なものが中心になります。リハビリとして行う内容は、自分で食事やトイレができるといったセルフケアの訓練もありますし、服を着たり脱いだり、料理や掃除といった家事をしたりといった日常の動作もあります。また、手芸や木工、将棋や園芸といった、通常は趣味として行うものを作業療法の一つとして行うこともあります。

作業療法士が患者さんと関わるシーンには様々なものがあります。患者さんの状態も、病気が発症したり、事故にあったりした直後の時期(急性期)、急性期を経て身体機能などが回復する時期(回復期)、その後、回復のスピードが遅くなり、残された機能を使って生活の質を維持・向上していくことに目的が変わっていく時期(維持期)と、刻々と変わっていきます。患者さんの状態を的確に把握して、それぞれの患者さんに適したリハビリを行うことが必要になります。

作業療法の対象となる患者さんには、身体障害の患者さんだけでなく、精神障害の患者さんも含まれます。精神障害の患者さんに対してどんなリハビリが行われるのかはイメージしにくいかもしれませんが、スポーツや遊びなどをリハビリに取り入れて、病状や気分の安定を図ったり、公共交通機関を利用して患者さんの活動の場を広げる訓練を行ったりします。

作業療法士になるには

作業療法士になるには、作業療法士国家試験に合格する必要があります。試験は、筆記試験で行われ、一般問題と実地問題の区分で出題されます。重度の視力障害がある方については、実施問題が行われず、口述試験と実技試験が課されます。一般問題の試験科目は、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法です。実地問題の試験科目は、運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)及び作業療法です。一般問題は、1問1点の問題が160問で160点満点。実施問題は、1問3点の問題が40問で120点満点です。

作業療法士国家試験を受験するためには、受験資格として、作業療法士の養成学校(大学や、短大、専門学校)で3年以上学ぶ必要があります。

試験の合格率など

作業療法士国家試験の合格率は、概ね70%台の前半から80%台の後半です。平成28年に実施された試験の場合は、受験者数が6,102人に対して合格者は5,344人で、合格率は87.6%です。

合格基準は、平成28年に実施された試験の場合で、総得点が167点以上であり、かつ実施問題が43点以上であることです。なお、問題が不適切で採点から除外された問題があるため、この年の試験の満点は一般問題が158点、実地問題が120点となっています。

今後の展望

作業療法士が行うリハビリ(作業療法)の対象は、事故や病気による身体障害や精神障害に留まらず、認知症などの老年期障害や、自閉症や知的障害といった発達障害にも及びます。日本社会が高齢化していく中で、作業療法士のニーズは、今後も高まっていくことが予想されます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 フラワーアレンジメント花資格ランキング
  2. tsushinkyouiku1 薬膳調整師 認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 野菜パティシエ口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 カラーセラピー認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 紅茶資格ランキング
  6. tsushinkyouiku1 住宅鑑定風水インストラクター認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 弁護士
  8. tsushinkyouiku1 日本デザイナープランナー協会口コミ評判
PAGE TOP