資格

保育士

tsushinkyouiku1

保育士の仕事は、保育所などで保護者の代わりに子どもを保育することです。幼稚園教諭と近い資格ですが、幼稚園教諭との違いは、幼稚園教諭は子どもを教育する仕事であると考えられているのに対して、保育士の仕事は保育であると考えられていることです。

ちなみに、幼稚園は教育施設であり、文部科学省が監督官庁であるのに対して、保育所は児童福祉施設であり、厚生労働省が監督官庁です。

資格の取得方法

保育士の資格を取得する方法は、大きく分けて2つあります。一つは、厚生労働大臣が指定する指定保育士養成施設の保育士養成過程を卒業する方法、もう一つは、保育士試験を受験して、それに合格する方法です。

指定保育士養成施設には、大学、短大、専門学校などがあります。これらの学校に入学して学ぶ場合、資格取得まで2年ないし4年の時間がかかること、費用が高額になることなどのデメリットがありますが、幼稚園教諭の免許が同時に取得できる場合もあるといったメリットがあります。

保育士試験の内容

保育士の資格を取得する方法には、保育士試験を受験する方法もあります。

保育士試験には、マークシート式の筆記試験と、実技試験があります。筆記試験を全科目合格した者に対して、実技試験が行われます。

筆記試験は、9科目あり、科目ごとに合格が判定されます。満点の6割以上を得点した場合に、その科目は合格となります。ただし、「教育原理」と「社会的養護」については、同一試験で両科目とも満点の6割以上を得点した場合に限って合格となります。

筆記試験は、合格した科目については、3年間は免除を申請することができます。ただし、免除申請をしても当該科目を再受験することができます。その場合、その年の試験で合格点に満たなくても免除申請は無効になりませんし、合格点を取れれば、その年から更に3年間が免除の対象になります。児童福祉施設や幼稚園、認定こども園などの対象施設での勤務実績がある場合は、3年間の免除期間が5年まで延長されます。

実技試験は、「音楽表現に関する技術」、「造形表現に関する技術」、「言語表現に関する技術」の3分野から2分野を選択して受験します。

幼稚園教諭免許を持っている場合は、申請すれば実技試験が免除されます。

試験の合格率など

保育士試験の合格率は、最近になって多少上昇していて、20%前後です。実技試験の合格率は個別に発表されていないのですが、かなり高確率(95%以上)で合格できるといわれていますから、まずは筆記試験に合格することが重要です。

また、平成27年度から、年に2回(前期・後期)試験が実施されることになり、合格の可能性が広がっています。

幼稚園教諭の免許取得の特例

制度上、保育士は、子どもの保育についての資格、幼稚園教諭は、子どもの教育についての資格という区分けがなされています。しかし、認定こども園の制度が実施されることに伴って、認定こども園では、保育と教育を一体的に提供する体制が取られるようになりました。

そこで、認定こども園で働く場合は、保育士の資格と幼稚園教諭の資格を併有していることが求められることになりました。ただし、平成27年度から5年間は、移行期間として、どちらか一方の資格で足りるものとされています。

また、平成27年度から5年間は、特例として、保育士の資格を持っていて3年以上かつ4,320時間以上の実務経験がある人については、大学等における単位取得の要件が緩和され、幼稚園教諭の免許が取得しやくなっています。

なお、幼稚園教諭の免許を持っている人に、保育士の資格を取得しやすくする制度もあります。

今後の展望

保育士が不足していると言われていることが影響しているのか、保育士試験の合格率は多少上がる傾向にあります。保育士不足の状況は、すぐには改善されないでしょうから、この傾向は当面は続くと思われます。

もっとも、認定こども園の制度もスタートしており、今後は活躍の場を広げるためにも、幼稚園教諭の免許と併有することが望ましいと思われます。事情が許すのであれば、保育士・幼稚園教諭の双方の資格が取得できる大学や短大、専門学校を卒業して、双方の四角を取得することが望ましいといえます。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 絵画インストラクター認定試験口コミ評判
  2. ヨーグルト ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 趣味・習い事資格ランキング
  4. tsushinkyouiku1 エクステリア心理アドバイザー認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 薬剤師
  6. tsushinkyouiku1 レターライティングマスター口コミ評判
  7. 発酵食品 発酵食品資格人気ランキング
  8. 数秘術 数字占いアドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP