資格

出汁資格人気ランキング

出汁は、昆布や鰹節などを煮込んで作られる料理に欠かせない調味料です。旨味を出す効果が期待できる出汁について、より詳しく知りたいのであれば、基本的なことをしっかりと学んで資格を取得することが大切です。出汁に関する知識を持っていると認めてくれる資格はいくつかありますので、ランキングを参考にしながら取得する資格を決めましょう。

1位 出汁マイスター

出汁マイスターは、日本安全食料料理協会が認定する資格です。出汁の種類や歴史、取り方など基本的な知識を理解できた人が取得できます。出汁マイスターの資格を持っている人は、出汁が旨味を出す科学的な根拠をしっかりと理解していますので、資格取得後は飲食業界で活躍できる人材になれます。

出汁マイスターの資格を得るために受験しなければいけない認定試験は受験資格がありません。また、試験は在宅で受けることができますので、自分の好きな場所を選んで問題を解くことができます。出汁マイスター資格を取得するためには、試験で7割以上の評価を得る必要があるので気をつけましょう。

2位 健康出汁アドバイザー

健康出汁アドバイザーの資格を取得するためには、日本インストらくがー協会が行っている認定試験に合格しなければいけません。試験では、出汁の種類や健康効果、美容効果など様々な知識を問われるため、資格を持っている人は出汁に関するたくさんの知識を得ている人材として認めてもらうことができます。資格を得ることによって、自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍することができますので、取得するメリットは大きいと言えます。

健康出汁アドバイザー認定試験は受験資格を設けていないため、誰でも挑戦可能です。試験は自宅で受けることができますので、試験会場に行く手間が省けます。合格するためには70%を超える評価が必要です。

3位 だしソムリエ

だしソムリエの資格は、だしソムリエ協会が認定する検定に合格することで得ることができます。出汁のことをきちんと理解し、メニュー開発ができるレベルの知識が求められます。だしソムリエは1級から3級まであり、自分のレベルに合った試験を受けて資格取得を目指すことができます。出汁について基礎的なことから知りたいのであれば、最も簡単な3級を受けることが大切です。3級は、出汁について基本的なことを講座で勉強し、終了後に行われる試験に合格することで獲得できます。ステップアップしたい人は、2級や1級のようなレベルの高い試験に挑戦してみましょう。

最も難しいだしソムリエ1級では、和食や洋食、中華などの料理店で働く料理人から出汁の活用法を2日間にかけてしっかりと学ぶことができますので、出汁のことであれば何でも把握しているプロフェッショナルとして活躍することが可能です。

4位 かんぶつマエストロ

かんぶつに関する基礎知識や製造工程、栄養価などを理解している人として認定してもらうためには、かんぶつマエストロの資格を獲得する必要があります。かんぶつマエストロは、日本かんぶつ協会が認定する民間資格です。かんぶつについて学びたいと考えている一般の方や、生産や加工を行う業界で働く人を対象に行われている講座に参加し、修了試験に合格することで資格を取得することができます。

かんぶつの基礎的なことから栄養との関係性、旨味についてしっかりと学んでから試験を受けますので、初めてかんぶつについて学ぶ人でも安心して挑戦することができます。かんぶつマエストロの資格取得後はかんぶつマエストロ倶楽部に加入しなければかんぶつマエストロとして活躍することはできないので注意が必要です。

まとめ

出汁は料理をよりおいしくするために欠かせない存在です。出汁の摂り方や種類はいくつか存在しており、出汁に関する知識を得ていると認めてくれる資格を取得することで、料理が楽しくなります。講師として活躍することができる資格もありますので、勉強したことが無駄になることはありません。

 

関連記事

  1. 焼酎 焼酎資格人気ランキング
  2. tsushinkyouiku1 登録販売者
  3. tsushinkyouiku1 日本デザイナープランナー協会口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 手作り石鹸資格人気ランキング
  5. 和スイーツセレクトマイスター認定試験口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 整理収納インストラクター認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 ガーデニングアドバイザー認定試験口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 飾花インストラクター認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP