資格

医療秘書技能検定試験

tsushinkyouiku1

医療秘書技能検定試験は、医療秘書の仕事に関する技能をはかる検定試験です。医療秘書というのは、一般的に広く知られている仕事ではありませんが、医療現場では重要性が認められています。

医療秘書とは

医療秘書というのは、医療の現場で行う秘書業務のことです。一般の秘書と同じように、院長などの責任ある立場の人の個人秘書として働く場合もあれば、医局全体の秘書業務を担当することもあります。

仕事の内容としても、一般の秘書と同様の来客の対応や、スケジュール管理も担当します。医療秘書が一般の秘書と異なるのは、医師のサポートの一環として、医師が行う学会での研究発表のための資料の準備を手伝ったり、学会に同行したりといったことがあることです。医師が学会に出席する際には、宿や交通機関の手配も行いますし、学会に同行することもあります。医師と同等の医学知識が要求されるというわけではないことはもちろんですが、資料の準備のためにデータを入力したり、論文を検索したりするためには、医学の知識があった方が仕事をやり易くなります。

医療秘書技能検定試験とは

医療秘書技能検定試験は、一般財団法人 医療秘書教育全国協議会が実施している検定試験です。試験は、1級、準1級、2級、3級の区分で行われていて、年に2回実施されています。特に受験資格は要求されておらず、誰でも受験することができます。

各級の試験は、同一日に実施されますが、時間帯が重複していない級については併願することも可能です。

検定試験の出題内容

試験は、各級とも以下の3つの領域から出題されます。3つの領域から出題されることは変わりませんが、級が上がるにつれて高度な内容が出題されることは言うまでもありません。

領域Ⅰは、医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規です。医療秘書の業務を総合的に判断・遂行する能力、医療秘書の職務と役割を理解して、上司の補佐をする能力、文書の作成能力などが問われます。

領域Ⅱは、医学的基礎知識、医療関連知識です。人体の解剖・生理の知識、主な傷病についての原因、症状及び治療方法と看護の理解、医学・医療用語の知識などが問われます。

領域Ⅲは、医療事務(レセプト作成、診療報酬点数表の理解)です。社会保険各法及び公費負担医療各法等の知識、レセプトの内容の理解、レセプト作成能力などが問われます。領域Ⅲの試験の際には、ノート・参考書などの資料の持込が許されます。

試験の合格率など

各級とも、領域Ⅰ~Ⅲに100点ずつ配点され、3つの領域の正解の合計が180点以上であり、かつ、それぞれの領域の正解率が60%以上の場合に合格となります。

上記の基準を満たせば合格することができますが、合格率は級ごとにかなりの差があります。およその合格率は、1級と準1級が30%程度、2級が50%程度、3級が70%程度となっています。

今後の展望

医療秘書の仕事は、資格がなければ行えないというものではありませんが、専門的な知識も要求される仕事なので、一定の技能を有していることが証明できる資格を有していることは、就職の際に有利になります。また、医療事務の仕事に従事している人が、スキルアップのために受験するケースもあります。

医療秘書は、専門性の高い仕事であり、就職や再就職の際に有利な資格です。一般の秘書資格に比べて専門性が高いので、この分野で仕事をしたい人にとっては、是非取得しておきたい資格であるといえます。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 食える資格ランキング
  2. tsushinkyouiku1 ファイナンシャルプランナー(FP技能検定)
  3. tsushinkyouiku1 キャンドル資格ランキング
  4. tsushinkyouiku1 ファッション販売能力検定
  5. 洋食 洋食エキスパート認定試験口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 安眠インストラクター認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 シューフィッター
  8. tsushinkyouiku1 インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP