資格

収納・片付け資格評判ランキング

tsushinkyouiku1

「断捨離」という言葉が一般化し、テレビにまで出るようになった「片付け名人」さんですが、その方々は「収納や片付けに関する資格」をお持ちなのです。デジタル化されてきた世の中ですが、私たちの職場や家庭の散らかりようを見ると、まだまだアナログの時代を感じてしまいます。パソコンではできない「片付け」というものを、その技術を学びながら、効果的に収納や片付けができる方法を身に付けたいという方におすすめです。ここに紹介しますのは、収納や片づけに関する4つの資格です。

1位:収納マイスター資格

【理由】この資格を取得すれば文句なく「収納の達人」と呼ばれるようになるのです。職場で活躍する機会が多くなるでしょう。その際にはそのオフィスが抱える「顧客のニーズ」というものをしっかりと把握し、現状の課題と問題点を明らかにしていくとともにいろいろな提案をしていくのです。もちろん、実際にその場に行き整理整頓を行うこともあります。日本生活環境支援協会が主催する認定資格で、試験は「依頼者に最適な整理収納方法を的確にアドバイスできる能力」が問われます。申し込みはインターネットでできます。また、資格を取得すれば、その知識を生かして、カルチャースクールなどで、講師として活動することもできます。
受験料
10,000円(消費税込み)

2位:整理収納インストラクター資格

【理由】物を探すのはたいへんな労力が要ります。そんな無駄な労力を使わないためにも正しい収納というものを学ばなければなりません。その正しい収納がきちんとできれば時間をかけずに探すことができ、その新たに生まれた時間で、他のいろいろなことができるのです。この資格は、日本インストラクター協会主催で、収納についての知識を利用し、顧客が望む理想的な空間をつくり出すことができるようになる人に与えられる認定資格です。また、応用として、インテリア的に見せる収納や、反対に隠す収納という方法も身につけることができます。スタイリッシュな収納の技術が身につくというものです。申し込みはインターネットからで可で、在宅受験もできるという魅力があります。また、資格取得後には講師活動はもちろん、「収納の達人」を目指す人の教育訓練も行うことができるのです。

受験料

10,000円(消費税込み)

3位:空間アドバイザー資格

【理由】家庭向けにアドバイスを行うことのできる資格です。一般の家庭に対し、整理整頓や片づけ、収納についてのアドバイスを行い、その家庭に合った(広さや間取り、空間などを考慮した)快適な住居にするためのアドバイスができる仕事です。空間アドバイザーは、どんな状況にも対応できる専門家なのです。一般社会法人「日本美しい暮らしの空間プロデュース協会」が主催する認定資格です。受講資格が変わっていて20歳以上の女性限定であること、「お片付け完全マスター」という講座を受講済みであること、そして、ユニークなのが、受講前の適正検査で「自宅が片付いていること」という審査があるのです。(自宅の写真の提示が必要)資格取得後は、協会からサポートを受けることができるので安心です。

4位:整理収納アドバイザー資格

【理由】この資格の1級は、整理整頓や収納、片づけに関してのプロフェッショナルです。私たちの安定した暮らしを支える整理や収納は、「なぜこんな状態になったのか」という根本的な原因を特定することが大切です。そんな知識や技術、経験の質を高める資格検定なのです。特定非営利活動法人/一般社団法人ハウスキーピング協会が認定するというこの資格で、整理収納アなのですが、アドバイザー2級は、整理や収納に関しての知識や技術が問われ、1級は、その知識を生かし、依頼者により適切な整理や収納の方法を提案するという能力が問われるのです。1~4級とありますので、計画的に自身を成長させていくことができます。

関連記事

  1. マクロビ資格人気ランキング
  2. tsushinkyouiku1 風水資格ランキング
  3. tsushinkyouiku1 CADデザインマスター認定試験口コミ評判
  4. トリマー ペットトリミングアドバイザー認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 POP広告・デザイン資格ランキング
  6. tsushinkyouiku1 ロジカルシンキングマスター口コミ評判
  7. ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP