資格

司書

tsushinkyouiku1

司書は、図書館司書ともいわれます。図書館に勤務して、図書館資料の貸出や返却の業務を担当するのはもちろん、図書館資料の選定をしたり、図書館資料を分類して蔵書目録を作成したり、図書館資料についてのレファレンスサービスを行ったりします。

各種の図書館と司書資格

図書館には、公共図書館、大学図書館、学校図書館、国立国会図書館、専門図書館などがあります。公共図書館には、地方自治体が設置している公立図書館と、民法法人(一般社団法人及び一般財団法人)が設置している私立図書館とが含まれます。大学図書館、学校図書館は、大学、小中高校に設置された図書館です。小中高校の図書館に勤務する場合、司書教諭という資格が必要とされる場合があります。専門図書館は、企業などが設置している図書館で、特定の分野の専門書、雑誌、資料を収集している図書館です。

資格がなければ司書になれないというわけではありません。しかし、採用条件として司書資格が要求されることが多いので、実際は司書になるためには司書資格が必要であると考えていいでしょう。

なお、公立図書館の司書は公務員ですから、公立図書館で司書として働くためには、公務員採用試験に合格する必要があります。採用に当たっては、最初から司書として採用される場合もありますが、一般行政職の職員として採用して、その後の配属先として図書館に配属される場合もあります。後者の場合は、必ずしも希望かかなうとは限りません。国会図書館は、独自の職員採用試験があります。

司書教諭

司書教諭というのは、教員として採用された人が、学校内での役割として学校図書館資料の選択、収集、提供などに当たるものです。12学級以上の学校には、司書教諭を置く必要があります。司書教諭の資格は、教員免許を取得して、司書教諭講習を受講することで得られます。ただし、司書教諭というのは、学校内の役割ですから、司書教諭の資格を持った人が教員として採用されると自動的に司書教諭になるというものではありません。別途司書教諭となるように命じられる必要があります。

ちなみに、教員としてではなく、事務職員として学校図書館に勤務する人を学校司書と呼びます。学校司書となるためには、制度上は特別の資格は必要ありませんが、採用の際の条件として、司書資格や教員資格、司書教諭資格を要求される場合があります。

司書資格の取得方法

司書資格を取得する方法には、以下の3つがあります。

まず、大学や短大で司書資格取得に必要な科目を履修して卒業することによって資格を取得する方法があります。また、大学、短大、高等専門学校を卒業して、その後司書講習を修了することによっても資格を取得することができます。最後に、3年以上司書補としての勤務経験を積み、司書講習を修了することによっても司書資格を取得することができます。

なお、司書補になるためには、高校卒業後(高等専門学校の場合は、3学年修了)に司書補の講習を修了する必要があります。

今後の展望

司書の資格は比較的取得しやすく、司書の採用数は少ないため、司書としての採用はかなり狭き門です。専任職員以外の兼任、非常勤や派遣などの雇用形態で働く人も多く、専任の司書として採用されるのはかなり難しいのが現状です。

司書の仕事そのものに魅力を感じ、嘱託や派遣で勤務しながら正規採用の機会を待つ覚悟が無い場合、司書を目指すのは難しいかもしれません。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 使える資格ランキング
  2. tsushinkyouiku1 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  3. tsushinkyouiku1 フラワーアレンジメントデザイナー認定試験口コミ評判
  4. トレーニングサポーター認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ評判
  6. リテールマーケティング(販売士)検定
  7. tsushinkyouiku1 キャンドル資格ランキング
  8. tsushinkyouiku1 CAD利用技術者試験
PAGE TOP