資格

和菓子資格人気ランキング

和食がユネスコ世界無形文化遺産に指定され、和食と共に最後のデザートとして、和菓子も、ユネスコ世界無形文化遺産に指定され、注目さえるようになりました。和菓子は今やブームです。緑茶や抹茶を楽しむとともに、千利休から受け継がれた和菓子を楽しむのです。わざわざ、日本の和菓子を勉強するために、来日するパティシエもいるほどです。

そんな、和菓子に関する資格を集めてみました。

1位 和スイーツセレクトマイスター

和スイーツセレクトマイスターは、日本安全食料料理協会が認定する資格です。和菓子に関する種類や道具、分類、材料などのあらゆる知識を有していることが必要です。生菓子と半生菓子の違いや、打ち物、押し物、流し物、饅頭、蒸し物、岡物などの各種和菓子の知識だけでなく、和菓子の材料である小豆や上白糖や三温糖、和三盆、もち粉、道明寺粉など和菓子の材料や、さらに、和菓子作りに使う方やへらなどの道具についての知識も必要です。また、全国各地の日本の郷土菓子に関する知識を身に着けていることも必要になってきます。和風スイーツが好きな方、文化や歴史に興味のある方、和菓子をもっと身近に感じたい方、和菓子を楽しみたい方などに選ばれている資格です。

2位 和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーターは、日本生活環境支援協会によって、認定されます。和菓子文化コーディネーターとは、和菓子に関する幅広い知識を身に着けているだけでありません。郷土菓子の誕生した土地の文化や背景、歴史に関する知識などが必要です。例えば、加賀料理の和菓子は、前田利家が持ち込んだ文化によって、加賀野菜を使って和菓子を作るなどの問題が出ます。また、和菓子とお茶、京菓子と江戸菓子の違い、ぼたもちとおはぎの違い、汁粉とぜんざいの違い、桜餅と道明寺の違い、おかきとあられとせんべいの違いなど、和菓子に関している文化的な歴史と背景を明確に理解し、四季折々のシーンに合わせた和菓子を選択できる能力も試されます。

菓子作りが好きな方や、日本文化や行事に和菓子を楽しみたい方などに最適の資格と言えるでしょう。

3位 菓子製造技術士

菓子製造技術士は、日本菓子センターが主催して行う、「技能検定」に合格した菓子製造業者に与えられる国家資格です。菓子製造技能士を設けることにより、菓子業界働く人の地位向上や人々に広める目的もあります。

「菓子製造技能検定」を受検するためには、一定の年数の実務経験が必要です。

そのため、菓子製造業に就いてから受験し、自分の能力を知らしめることができます。

「菓子製造技能検定」では、実技と筆記試験が行われます。

筆記試験では、関係法規などのほかに、菓子製造業者としての広い知識の有無が試されます。筆記試験と技能試験があり、菓子だけではなく食品一般に関する知識、材料などを数値で示せる能力、製菓機械の使い方および性能の把握なども出題されますし、 実技では、出来上がりの良さだけではなく、仕様書の理解度なども評価されます。学科と実技をバラバラに受け、自分のペースで資格を取れます。

4位 製菓衛生師

製菓衛生師は、製菓衛生師試験に合格した後、都道府県にある製菓衛生師名簿に登録された人のことを言います。業務は、調理師と同じで行えますが、有資格者以外は名乗ることが出来ない名称独占資格です。

製菓衛生師法に基づき、パンや菓子を製造するに当たって公衆衛生や製造者の資質向上などを目的とし、安全性の高い食品を作る国家資格です。

受験資格は

1.指定の製菓衛生師養成施設で、1年以上勉強し、技能等を修得したもの

2.中学校、外国人学校中等部卒業者で、2年以上菓子に関する実務を経験した者

のいずれかとなっています。

いかがでしたでしょうか?菓子製造技術士と製菓衛生師は、和菓子の知識だけでは、資格は取れないようです。しかし、全部の資格、和菓子の好きな方、資格を取るともっと楽しみが広がること請け合いです。

関連記事

  1. 猫資格 猫資格人気ランキング
  2. tsushinkyouiku1 整理収納インストラクター認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 CADデザインマスター認定試験口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 インテリアデザイナー認定試験口コミ評判
  5. 食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 占い資格人気ランキング
  7. tsushinkyouiku1 風水資格ランキング
  8. tsushinkyouiku1 スパイスインストラクター認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP