資格

塩資格人気ランキング

塩

調味料として使われていることが多い塩は、ミネラルが豊富で、魅力的な食材です。昔から料理に使われてきた塩に関する知識を多く把握しているプロフェッショナルを目指したいのであれば、資格を取得しなければいけません。資格の取得方法は協会によって違いがありますので、資格のランキングを見ながら自分に向いた資格を探してみましょう。

1位 美塩ソムリエ

日本安全食料料理協会が認定する美塩ソムリエは、塩に関する様々な知識を持つ人を認定する資格です。塩の歴史や作法の他に、地域によって異なる塩の特徴や動物や細菌と塩がどのように関係しているのかなどを知る必要がある資格なので、勉強しないまま試験を受けてしまうと合格することはできません。

受験資格はありませんので、好きなタイミングで申し込むことができます。また、試験は在宅受験ですので緊張することはありません。合格するには7割以上の評価を獲得する必要があるので注意が必要です。

2位 食塩アドバイザー

日本インストラクター協会が認定する食塩アドバイザーは、塩を活用する料理に関する知識や成分表示を見て塩の量を計算することなど、様々な知識を把握している人に贈られる資格です。資格を取得することによって、塩を料理以外にも活用できるスキルを持っていると認定してもらうことができます。それゆえ、試験に合格して資格を取得した後はカルチャースクールなどで講師として多くの人に教えることができます。

認定試験は受験資格が無いので年齢や経験に関係無く誰でもチャレンジ可能です。申請はインターネットですることができますし、受験会場が自宅となっているので受験会場までわざわざ移動する必要はありません。合格するためには7割以上の評価を獲得する必要があります。日本インストラクターのホームページでは、次に行われる試験のスケジュールを公開してしますので、自分が受けたい日にちを選んで申し込みをしましょう。

3位 ソルトマイスター

日本ソルトマイスター協会では、人間が生きるために欠かせない塩に関する知識をきちんと理解している人をソルトマイスターとして認定しています。ソルトマイスターは、プロフェッショナルソルトマイスターに教わりながら推薦を貰ったプロの料理人や日本ソルトマイスター協会が行うソルトベーシッククラスを受講中に協会から認定された方が取得できる資格です。資格を取得する為に受講しなければいけない講座は、日本ソルトマイスター協会のホームページから申し込むことができます。

4位 塩マイスター

日本ソムリエ協会では、塩の正しい知識を持ち、美と健康提案でいる塩マイスターを認定しています。塩マイスターになるためには、2日間の講座を終了する必要があります。沖縄で塩づくり研修を行うため、観光気分を楽しみながら塩に関する勉強をすることができる魅力的な講座です。

5位 塩ソムリエ

塩ソムリエは、日本塩ソムリエ協会が認定する民間資格です。塩の歴史や塩選びのコツなど、基礎的なことを学び、講座の最後に行われる試験と論文提出によって取得できる資格です。講座は1日で終了しますので、長期間スケジュールを開けることが難しい人でも気軽に受けることが可能です。塩に関する基礎知識を学びながら資格を得たいと思っている人にオススメの資格です。

まとめ

塩に関する知識を得ている人材として認めてもらうことができる資格はいくつか存在します。自宅で受験して取得できる資格や、講座を修了して得られる資格など資格によって特徴が異なります。自分にとってどの方法が合っているのかしっかりと比較しながら申し込むことが大切です。試験のことを知らずに手続きを進めてしまいますと、後で後悔してしまいます。必ず事前に試験や講座のことをしっかりと下調べしておきましょう。また、受験費用は無料ではありませんので、費用を無駄にしないためにもしっかりと勉強をすることが大切です。
塩資格  塩資格