資格

工業英語能力検定試験

tsushinkyouiku1

工業英語能力検定試験

工業英語能力検定試験は、略称を工業英検といい、文部科学省の後援で、「公益財団法人 日本工業英語協会」が実施している検定試験です。工業英語というのは、英語のTechnical Writing(in English)またはTechnical Communication(in English)にあたる、科学技術の分野で使用される英語のことを指します。工業英語では、読み手がいろいろな解釈をすることがないように、はっきりとした事実を示すことが求められます。実施団体である日本工業英語協会によれば、工業英語のエッセンスは、Clear(明確に)、Concise(簡潔に)、Correct(正確に)の3Csであるとされています。

試験の対象とレベル

工業英語能力検定は、1級、2級、準2級、3級、4級の各級が実施されています。

4級は、工業高校、工業高等専門学校程度の工業英語の基礎知識を有している人を対称にしていて、工業英語の基礎知識を有しているレベルとされています。

3級は、大学専門課程、工業高等専門学校上級学年、専修・専門・各種学校在学程度の工業英語の応用知識を有している人を対象にしていて、工業英語の応用知識を有しているレベルとされています。

準2級は、大学専門課程・大学院課程、工業高等専門学校上級学年・専攻科の工業英語全般の基礎知識を有している人を対象にしていて、工業英語の実務能力の基礎知識を有しているレベルとされています。

2級は、実務経験者を標準とし、工業英語全般の知識を有している人を対象にしていて、工業英語全般の知識を有しているレベルとされています。

1級は、工業英語の専門家としての実務能力を有している人を対象にしていて、工業英語の専門家としての実務能力を有し、実務上、工業英語を指導できるレベルとされています。

試験の内容

4級は、英文和訳(短文)、適語補充、単語問題が出題されます。筆記試験のみで、マークシート方式で出題されます。

3級は、英文和訳、和文英訳(短文)、適語補充、単語問題が出題されます。筆記試験のみで、マークシート方式で出題されます。

準2級は、英文和訳、和文英訳(短文)、適語補充、修辞が出題されます。筆記試験のみで、記述式とマークシート方式が50%の割合で出題されます。

2級は、英文和訳、和文英訳、修辞が出題されます。筆記試験のみで、全問記述式で出題されます。

1級は、一次試験と二次試験が課されます。一次試験は、筆記試験で、英文和訳、和文英訳、修辞が、全問記述式で出題されます。二次試験は、筆記試験合格者のみが受験でき、面接形式で、リスニングテストが行われます。

1級、2級の試験では、2冊までの辞書・辞典の持込が可能です。

試験の合格率など

試験の合格ラインは、1級を除いた各級は得点率60%、1級の筆記試験は得点率70%に設定されています。

合格率は、2015年に実施されたデータでは、4級が59%、3級が38%、準2級が55%、2級が26%、1級が10%となっています。

今後の展望

工業系の学校では、工業英語検定の合格を単位認定に使う学校もあります。また、3級以上に合格すると、就職や転職の際にも有利に扱われるといわれています。企業内外で、通訳や翻訳者として活躍する道もあります。

国際化がさらに進展して、工業英語の必要性も今後更に高まると予想されます。工業英語能力検定は、今後、有望な資格であると考えられます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 登録販売者
  2. tsushinkyouiku1 音楽資格ランキング
  3. tsushinkyouiku1 インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判
  4. トリマー開業インストラクター認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 栄養士
  6. tsushinkyouiku1 ハウスクリーニングアドバイザー認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 美快眠セラピスト認定試験口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 ファイナンシャルプランナー(FP技能検定)
PAGE TOP