資格

幼児食資格人気ランキング

幼児食はその後の食生活の指針を決めると言っても過言ではありません。子どもにとって「食べること」は、生命維持や発育・発達に欠かせません。また、「食べること」を通して、家族や友だちと食べる楽しみを共有する、調理の過程を日常的に見る・体験する、様々な食材にふれる等の経験を積み重ねるなどを通して、子どもは心身を成長させ、五感を豊かにする大切な日々の経験でもあります。子供が抱える幼児食の食べ方の問題は、近年の核家族化によって、相談できない、支援を受けられない保護者の方々が増えているのも実情です。幼児食資格はこのような問題も解決していただきたいものです。そこで、幼児食に関する資格を集めてみました。

1位 幼児食マイスター

幼児食マイスターは日本安全食料料理協会が、認定されます。子どもの成長に合わせて栄養バランスを考えた幼児のための献立を作ることができる知識や、離乳食から幼児食に変える時期、幼児食に向く食材・不向きな食材など幼児食に関する知識を持つ人が認定されます。子どもの身体の作りを理解し、脳や神経細胞の成長に合わせた食事や、骨や筋肉を成長させる食事を意識できる人が幼児食マイスターだと言えます。また、蕁麻疹、赤み、かゆみなどの全身の皮膚への症状を起こすアナフィラキシー症状の予防・対策を身に付けており、適切な対処をすることができることも必要です。そして、子どもの手づかみ食べや遊び食べの克服するためのしつけができることも必要です。つまり、孤立化した保護者の支援ができる知識を有する資格です。

2位 ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは日本インストラクター協会が認定する資格です。子供の発達段階に応じて、成長に合わせた食事に関する知識を持っており、春夏秋冬の旬の素材(子供の成長による)を使った献立、キャベツやじゃがいも、れんこんなど幼児に与えるおすすめの食材(常備用意したい)を使用した献立、正月や節分、桃の節句、クリスマスなど行事に合わせた献立が作れる人をベビーフードインストラクターに認定します。

エネルギーとなるもの(黄色)、身体をつくるもの(赤色)、 身体の調子を整えるもの(緑色) の三色の栄養素がバランスよく含まれている献立が作れ、尚且つ、幼児の体格、体質、運動量によって食事量を調節することができる資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができますし、お子さんを預かるファミリーサポートなどの方もこの資格を持つと安心です。

3位 幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する資格です。

幼児食インストラクターとしての有するべき基礎知識および技能知識を持ち、合格者には、幼児食インストラクター資格」の称号が付与されます。

幼児食の基礎知識から、幼児期の発育・発達と食事の関わり、子どもの成長に合わせた献立の工夫、栄養素の基礎知識、病気・食物アレルギーの対処法など、幼児食インストラクターに必要な幅広いスキルを備えていることが必要です。なんだか、幼児食マイスターと似ていますね。

4位 幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーとは、株式会社日本フローラルアート(東京カルチャーセンター)が主催している民間の資格です。歴史ある料理スクールとして知られる「赤堀料理学園」監修のカリキュラムを通して、幼児食の基礎や実践方法を学びます。今でこそ、少しずつですが、乳幼児食のレトルトが増えてきていますが、丁寧に手作りした乳幼児食に馴染んだ幼児は食べようとしません。一部の家庭では、幼児食のノウハウが分からないために、子どもにいきなり大人と同じメニューを与えたり、子どもが好みやすい食品ばかり食べさせてしまうケースもあります。また、逆も然りで凝りすぎて、精神的にプレッシャーを感じる保護者の方もいます。つまり、幼児食アドバイザーは、そんな子育て中の親世代はもちろん、育児に従事している全ての人が、適切な幼児食の知識を身につけられるように身につけられる資格です。

幼児食アドバイザーは、幼児食の基礎はもちろん、乳幼児の体の仕組みや、発育に必要な栄養素の知識を有していることが必要です。食物アレルギーへの対処法を身につけていることも必要です。

幼児食アドバイザー養成講座で得た知識は、育児に関する仕事や、食に関する仕事にそれぞれ活かすことが可能です。

育児に関する仕事としては幼稚園や保育園、児童館で働く保育士、食に関する仕事としては栄養士や飲食業界従事者が例として挙げられるでしょう。乳幼児用のメニューの企画や育児ボランティア、子育て支援の仕事など、あらゆる業務に活かせます。

5位 子供食育健康管理コーディネーター

子供食育健康管理コーディネーターは一般社団法人資格支援能力振興協会が認定する資格です。子どもの食青からスポーツ栄養学までの基本知識と技術を活かし、 子どもの成長期における「子どもの健康と食育」「子どものスポーツと栄養」に関わる情報などを現場の立場から提供し、他の資格と違って、スポーツ向けの分野まで食に関する知識を有する資格です。

また、よく取り上げられる問題で、子どもの朝食の関係や、子どもメタボの増大が顕著化するなど、 「子どもと食・栄養」に関する食生活などの知識も有します。

通信教育を受けた場合には在宅での受験が可能です。

通信教育と認定料で、大体5万3千円くらいします。

いかがでしたでしょうか?幼児食の食育に関する知識は大人のそれと違って、奥深いですね。

やはり、子育て世代には必要な知識かと思います。科学的、医学的知識も取り入れてみるといいかもしれませんね。そして、今何といっても、格差社会が問題になってきています。格差が乳幼児や子供に影響する前に、安くて栄養価が高い幼児食を与えられる社会になって欲しいですね。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 フラワーアレンジメント花資格ランキング
  2. ペット繁殖インストラクター口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 工業英語能力検定試験
  4. tsushinkyouiku1 家庭菜園インストラクター口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 天然石セラピスト口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 絵画インストラクター認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 気象予報士
  8. tsushinkyouiku1 ベジスイーツマイスター口コミ評判
PAGE TOP