資格

心理カウンセラー・メンタル心理資格ランキング

tsushinkyouiku1

ストレスや悩みによって、精神的に不安定になる方が多くなっています。そんなストレス社会では、なんと約3人に1人が鬱をはじめとする心の悩みを持っているといわれています。そんな人のために何かできることを、と考えている方は、このカウンセラーの資格を持っておくことは大切なことでしょう。

1位:メンタル心理ヘルスカウンセラー

【理由】この資格を持って、専門的な医療や福祉、教育機関などに就職し、その資格を生かして多くの業界で活躍できます。人生に生きがいというものを感じることができない、過度なストレスによる精神的な病を持っている方などに対し、その患者さんとともに解決に向けた取り組みをしていくことができます。ストレスの原因の解明から、その状態に合わせた適切な治療方法までを習得し、心理学の基礎から学び、プロのカウンセラーとしての資質を要求されます。この資格を取得するには、「日本アロマメディカル心理セラピー協会」主催の試験に合格するか、通信講座を受講する必要があります。どちらとも在宅でできます。
費用 受験料 10,000円

2位:メンタル心理インストラクター

【理由】今企業や学校では、心に課題を抱える方や子どもが多くいます。その必要性から、企業や学校にもメンタル心理ヘルスカウンセラーが常駐しているところもあるほどです。これからますますその需要は増えることでしょう。このカウンセラーを指導する立場にあるインストラクタ―は非常に大切な存在となります。資格を取得すれば、メンタルヘルスのカルチャースクールで講師として活動することになります。チーム医療や地域の精神医療、来談者中心療法などの多くのケースに応じたカウンセリングに対応でき、メンタル心理というものの専門知識を一定基準以上持っているということが必要となります。この資格は「日本インストラクター協会」が認定しています。資格取得のためには、試験か通信講座になります。詳しくはHPで確認してください。

費用 受験料 10,000円

3位:メンタル心理カウンセラー

【理由】医療や福祉や教育機関などに就職を考えている方におすすめの資格です。メンタル心理ヘルスカウンセラーの資格取得と同じく、過度なストレスによって精神的に不安定な方などのカウンセラーを行うなど、カウンセリング業務に適応できる人に与えられる資格です。心理的に悩める人々をサポートするための知識を得ることが可能です。メンタル心理カウンセラーは、他にも多くの職種に対して職業実務能力の向上に向けて資格認定を行っている「(般)日本能力開発推進協会」が認定している資格です。取得するにはカリキュラムを全て修了し、認定試験に合格する必要があります。試験は、この協会の講座を受講することで、在宅で受験することができます。

4位:メンタルケア心理士

【理由】現代の課題、モラルハラスメントや虐待、引きこもりなどの問題からカウンセラーの立場でサポートできるようになり、その知識や人と接する能力を生かして関係諸機関で活躍することができます。「不安」というものをかかえる人、精神疾病予備軍の人に対応ができる専門的な知識が求められます。この資格は「(特非)医療福祉情報実務能力協会」が認定している資格ですが、「文部科学省所轄(財)生涯学習開発財団」の認定が受けられる資格でもあるのです。受験資格は、メンタルケア学術会指定教育機関でメンタルケア心理士講座を受講した人に与えられ、試験は3月、7月、9月、12月の年4回行われ、在宅で試験を受けることができます。

5位:認定心理カウンセラー

【理由】カウンセラーにとっての必要な基本的な知識や技法及び姿勢を学び、いろいろな要因で悩む人のカウンセリングを行うことのできる資格です。NPO法人の「全国心理カウンセリング機構」が運営する養成講座を受講し、認定される資格です。基礎コースとアドバンスコースに分かれ、基本的な内容からより高度な内容が学ぶようにカリキュラムが組まれています。レベルに応じて学べます。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 レジンアクセサリークリエイター口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 日本生活支援環境協会口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 看護師
  4. tsushinkyouiku1 知的財産管理技能士
  5. 洋食エキスパート認定試験口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 福祉資格人気ランキング
  7. tsushinkyouiku1 ベジスイーツマイスター口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 パワーストーン資格人気ランキング

通信教育の人気記事

PAGE TOP