資格

手作りパン資格人気ランキング

スーパーやコンビニエンスストアなどで簡単に手に入れることができるパンですが、自宅で出来立てのふっくらとしたパンを作ってみたいと思う人は多いでしょう。手作りパンを作るために必要な知識を得ていると認定してもらうことができる資格を取得しましょう。

1位 手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエ資格は、日本安全食料料理協会が行う試験に合格することで取得できる民間資格です。パンに関する歴史や材料、作り方や道具などを把握していると認めてもらうことができますので、資格取得後は自宅でパン作りを楽しむことができます。手作りパン健康ソムリエ試験では、パンを焼く際のコツや発酵するまでの流れをきちんと理解していると認めてもらうことができますので、失敗するリスクが少なくなり、材料費を無駄にすることはありません。飲食関係の企業で働く方や添加物が入っていないパンを食べたい方に人気がある資格です。

2位 パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザー資格は、パンの種類や製造方法に関する知識を得ている人に送られる民間資格です。パンを作る時の正しい手順やポイントなどをきちんと把握していると認定してもらえるため、資格を活用して講師活動が可能です。自宅で美味しいパンを作ったりカルチャースクールでパン作りを教えたりすることができる資格なのですが、試験で7割以上の評価を獲得する必要があります。そのため、しっかりと勉強してから受験しましょう。パン・ベーカリーアドバイザー認定試験は自宅で受験することができ、受験資格がありませんので、気軽に申し込みできます。

3位 おうちパンマスター

おうちパンマスター資格は、気軽に誰でもチャレンジできます。パン作りをしたことが無い初心者の方やパン作りを周りの人に教えてみたい方に人気があります。パン作りの際に必要となる工程を簡略化してパンを作ることができる魅力的な資格です。おうちパンマスターの資格は、通信講座を受講して得る方法と認定教室に通いながら取得する方法があります。自分のやり易い方法を選んで資格を取得することができますので、事前にそれぞれの特徴を比較しておくことが大切です。

4位 パンアドバイザー

パンアドバイザーの資格を種痘するためには、日本野菜ソムリエ協会が行う養成講座を受講しなければいけません。パンの原材料や歴史、販売されているパンの表記に関する知識を学ぶことができますので、パンのことをもっと良く知りたい人にオススメです。講座を終了し、資格を得るためには4回ある講座のうち3回以上に出席し、修了試験で合格する必要があります。申し込みは日本野菜ソムリエ協会のホームページから行うことができます。

5位 パンコーディネーター資格

日本パンコーディネーター協会が認定するパンコーディネーター資格は、日本で最初に生まれたパンを食べる人からの目線でアドバイスを送ることができる資格です。内閣府が所管する公益財団法人日本生涯学習協議会によって監修、認定がおこなわれている資格ですので、安心して申し込みをすることができます。パンコーディネーター資格を得ることが出来た人は、パンのアドバイザーやパン教室の講師として活躍することが可能です。

6位 パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定は、パンの世界を奥深く伝えることができるほどの豊富な知識を持った人に与えられる民間資格です。パンの作り方や材料に関する知識、マナーなど幅広いジャンルに関する知識が必要となる資格です。パンシェルジュ検定はベーシックとプロフェッショナル、マスターの3種類があります。全国8エリアで開催されている認定試験ですので、自宅から近い試験会場を選んで受験することが可能です。インターネットから申し込むことができますので、パンシェルジュ検定運営委員会の公式サイトで試験日や申し込み締め切り日を確認しておきましょう。

まとめ

自宅やカルチャースクールなどで美味しいパンを提供してみたい人に人気の資格はたくさんあります。資格によって受験方法が異なりますので、自分が受けやすい試験を選んで受験することが重要です。

関連記事

  1. 和食 和食資格人気ランキング
  2. ファスティング ファスティングダイエットアドバイザー口コミ評判
  3. カクテル カクテルコンシェルジュ認定試験口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 服飾インストラクター認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 看護師
  6. tsushinkyouiku1 デッサン資格ランキング
  7. tsushinkyouiku1 秘書技能検定
  8. tsushinkyouiku1 諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP