資格

旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者というのは、旅行業者の営業所で旅行の取引条件の説明などの業務の管理・監督を行う人のことをいいます。旅行業法という法律で、旅行業を営む場合は営業所ごとに1人以上の旅行業務取扱管理者を置かなければならないと定められています。2005年に旅行業法が改正されるまでは旅行業務取扱主任者と呼ばれていた資格です。

旅行業務取扱管理者の仕事

旅行業務取扱管理者の仕事は、法律で以下の仕事の管理及び監督と定められています。

1.旅行に関する計画の作成に関する事項

2.旅行業務の取扱い料金の掲示に関する事項

3.旅行業約款の掲示及び備置きに関する事項

4.取引条件の説明に関する事項

5.契約書面の交付に関する事項

6.企画旅行の広告に関する事項

7.運送等サービスの確実な提供等、企画旅行の円滑な実施のための措置に関する事項

8.旅行に関する苦情の処理に関する事項

9.契約締結の年月日、契約の相手方その他の契約の内容に係る重要な事項についての明確の記録又は関係書類の保管に関する事項

10.取引の公正、旅行の安全及び旅行者の利便を確保するため必要な事項として観光庁長官が定める事項

旅行業務取扱管理者になるには

旅行業務取扱管理者になるためには、国家試験に合格する必要があります。国家試験には特に受験資格はありません。旅行業務取扱管理者の資格には、総合旅行業務取扱管理者と国内旅行業務取扱管理者の2つの資格があります。総合旅行業務取扱管理者は海外旅行も含めて取り扱う営業所での管理・監督業務を行うことができますが、国内旅行業務取扱管理者は国内旅行だけを扱う営業所での管理・監督業務だけしか行えません。

総合旅行業務取扱管理者は、「一般社団法人 日本旅行業協会」が観光庁長官の試験事務代行機関として実施しており、国内旅行業務取扱管理者試験は、「一般社団法人 全国旅行業協会」が観光庁長官の試験事務代行機関として実施しています。

なお、旅行業務取扱管理者資格には更新制度はなく、資格は生涯有効です。

試験の内容

総合旅行業務取扱管理者試験の試験科目は、旅行業法及び関係法令、旅行業約款及び関連約款、国内旅行実務、海外旅行実務の4科目です。試験時間は、旅行業法及び関係法令と旅行業約款及び関連約款が同一時間に行われ80分、国内旅行実務と海外旅行実務が同一時間で行われ120分です。配点は、海外旅行実務のみ200点、その他の科目は100点です。

国内旅行業務取扱管理者試験の試験科目は、旅行業法及び関係法令、旅行業約款及び関連約款、国内旅行実務の3科目です。試験時間は3科目で120分です。配点は各科目100点です。

国内旅行業務取扱管理者試験に合格した人が総合旅行業務取扱管理者試験を受験する場合には、旅行業法及び関係法令、国内旅行実務の2科目が免除されます。つまり、旅行業約款及び関連約款、海外旅行実務の2科目を受験することになります。

また、国内旅行実務、海外旅行実務の2科目については合格基準を満たした場合は、翌年度に限り科目免除を受けることができます(ただし、国内旅行業務取扱管理者試験で基準点を満たした場合に総合旅行業務取扱管理者試験で免除を受けることはできません)。

試験の合格率など

試験の合格基準は、総合旅行業務取扱管理者、国内旅行業務取扱管理者ともに各科目満点の60%以上です。

総合旅行業務取扱管理者の合格率は、4科目を同時に受けた人の場合で12~17%程度です(平成28年度12.8%)。科目免除者なども含めた全体の合格率は22~30%程度です(平成28年度26.1%)。

総合旅行業務取扱管理者の合格率は、3科目を同時に受けた人の場合で28~35%程度です(平成28年度32.1%)。科目免除者なども含めた全体の合格率は50~60%程度です(平成28年度49.8%)。

今後の展望

旅行業務取扱管理者は、旅行業者の営業所に必ず1人以上置かなければいけないことが法律上定められています。必ず必要とされる資格なので、旅行業界に就職を希望する人にとっては、今後も有望な資格であり続けると考えられます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. eco検定(環境社会検定試験)®
  2. tsushinkyouiku1 手作り石鹸インストラクター口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 美快眠セラピスト認定試験口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 税理士
  5. トリマー開業インストラクター認定試験口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 証券アナリスト(CMAR)
  7. tsushinkyouiku1 和食資格人気ランキング
  8. ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判
PAGE TOP