資格

栄養士

tsushinkyouiku1

栄養士の仕事は、食事や栄養についてのアドバイスをする「栄養の指導」をすることです。食事の献立を作ったり、栄養素の計算をしたりして、食事の管理も行います。栄養士は、主に健康な人を対象にした栄養指導を行います(病気の人を対象にした栄養指導は、管理栄養士の仕事です)。栄養士の資格を取得した後、一定の実務を経験することで管理栄養士の受験資格を得ることもできます。

栄養士の仕事

栄養士の仕事には、栄養指導と食事の管理があります。栄養指導というのは、例えば、肥満気味の人に対して、正しい食事のバランスを指導するといったことです。食事の管理というのは、学校や病院、福祉施設、社員食堂などで、毎日の献立を考えるといったことです。

もっとも、栄養士の場合、管理栄養士とは違って、調理の現場に近いところで働くケースが多くなります。基本的には、調理は専門家である調理師があたりますが、栄養士も協力して調理を行う場合も多いのです。

栄養士になるには

栄養士として働くためには、栄養士の資格を取得しなければいけません。栄養士の資格は、高校を卒業して、栄養士養成過程がある大学、短大、専門学校(以下、養成施設)を卒業することで得ることができます。栄養士として働くためには、都道府県知事の免許を受ける必要がありますが、養成施設を卒業すれば免許を取得することができ、資格試験を受験する必要はありません。

ただし、栄養士の養成施設には、夜間や通信はありません。これは、栄養士になるためには勉強する内容が多く、実習も課程に含まれているからです。そのため、仕事をしながら栄養士の資格を取ることは難しく、最低でも2年間は勉強に専念することが必要になります。なお、4年制、3年制、2年制いずれの養成施設を卒業した場合であっても、栄養士としての資格に違いはありませんが、管理栄養士の受験資格を得るための実務期間の長さに影響します。

栄養教諭

栄養教諭というのは、平成17年度から開始された比較的新しい制度です。食育を推進するために教員として学校現場で食の指導にあたります。栄養教諭の資格を取得するためには、栄養士(または管理栄養士)の資格が必要なので、栄養士資格を取得できない教育学部に進学した場合、栄養教諭の資格を取ることはできません。

栄養教諭になるためには、栄養士(または管理栄養士)の免許のほか、大学や短大で一定の単位を修得することが必要になります。

認定栄養士実力試験

認定栄養士実力試験は、一般財団法人 全国栄養士養成施設協会が実施している試験です。成績に応じて、認定証A~Cが交付されます。この試験は、資格試験ではありませんが、栄養士としての実力を確認する機会になりますし、優秀な成績を修めれば、就職などの際に有利になる可能性があります。

試験科目は、公衆衛生学、社会福祉概論、解剖生理学、生化学、食品学概論、食品学各論(食品加工学含む)、食品衛生学、栄養学概論、臨床栄養学概論、栄養学各論、栄養指導論、公衆栄養学概論、調理学、給食管理論です。

今後の展望

高齢化や、人びとの健康に対する意識の高まりによって、栄養士が活躍する場は増える傾向にあります。また、栄養士の資格を取得する際に身に付けた知識は、日常生活でも役にたちます。比較的求人が多い資格でもあります。

もっとも、栄養指導に関して、より専門的な仕事をしたい場合には、管理栄養士の資格が要求されるケースもあります。自分が将来やりたい仕事についてよく考えて、管理栄養士を目指すのか、栄養士を取得すればそれで足りるのか判断する必要があります。

関連記事

  1. スーパーフード スーパーフードアドバイザー口コミ評判
  2. 姿勢 姿勢資格人気ランキング
  3. tsushinkyouiku1 日曜大工スペシャリスト口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 ドライフルーツセレクター口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 公認会計士
  6. tsushinkyouiku1 コーヒーソムリエ認定試験口コミ評判
  7. 手相 手相資格人気ランキング 
  8. tsushinkyouiku1 レジン資格人気ランキング

通信教育の人気記事

PAGE TOP