資格

歯科技工士

tsushinkyouiku1

歯科技工士は、歯科医師の指示の下、入れ歯や歯の詰め物(差し歯や銀歯)、歯の矯正装置などを作成する専門家です。歯科医院で治療を受けるときには、歯科医師や歯科衛生士が歯の型を取り、次回の診察時にそれをはめ込むという手順で治療がなされますが、このとき取った型は、歯科技工士が勤める歯科技工所に渡され、そこで入れ歯や詰め物といったものが作成されているのです。歯科技工士は、歯科治療における縁の下の力持ちといえる存在です。歯科技工士は、歯科医院や病院での勤務もありますが、多くが歯科技工所に就職します。将来的には、独立して歯科技工所を開設することも可能な資格です。

歯科技工士の仕事

歯科技工士の仕事は、歯の治療に使う詰め物などを作成することです。歯科医師や歯科衛生士と違って、患者さんの口の中に手を入れることは許されていません。歯科技工士が作成した詰め物などは、歯科医師が患者さんの歯に装着します。

一方で、歯科医師は、歯科技工についても大学で勉強しますが、専門的な知識や技能が必要な歯科技工を歯科医師が自ら行うことは基本的にはありません。歯科技工士と歯科医師や歯科衛生士とでは、明確な役割分担があるといえます。

このように、歯科技工士は、歯科治療に関わるとはいっても、患者さんと直接接する機会はほとんどなく、いわゆる職人的な仕事です。人と接することはあまり得意ではないけれど、手先の起用さには自信があるといった人は、歯科技工士に向いているといえるかもしれません。

歯科技工士になるには

歯科技工士になるためには、歯科技工士国家試験に合格する必要があります。そして、国家試験の受験資格を満たすためには、高校卒業後、歯科技工士を養成する大学や短大、専門学校を卒業する必要があります。

国家試験の出題内容

歯科技工士の国家試験では、学説試験と実地試験が課されます。学説試験というのは、学科試験のことで、歯科理工学、歯の解剖学、顎口腔機能学、有床義歯技工学、歯冠修復技工学、矯正歯科技工学、小児歯科技工学及び関係法規の8科目があり、マークシート方式で出題されます。

実地試験は、歯科技工実技です。3つの課題があり、実際に石膏を使って歯形を彫刻したりする課題が出されます。

試験の合格率等

試験の合格率は、例年95%を越えています。平成27年度の場合、受験者7,233名に対して合格者は6,944名で、合格率は96%です。養成校でしっかり学習しておけば高い確率で合格できる試験といえますが、養成校の卒業試験の方が国家試験よりも難しいといった話もありますので、甘く見てはいけません。

今後の展望

現在、日本の歯科医院は非常に数が多く、競争が厳しくなっています。経営が厳しい歯科医院も多く、コストダウンのために、義歯の作成を人件費の安い海外に発注するケースも出てきています。このことは、報酬が上がりにくくなるという形で、国内の歯科技工士にも影響してきています。

一方で、今後更に高齢化していく日本では、歯科治療の重要性が高まっていて、歯科技工士のニーズが高まっていくことも予想されます。

歯科技工士は、養成校を卒業しなければ取れない資格ですから、資格を取得するまでにはそれなりのコストもかかります。これから歯科技工士を目指す場合には、将来のこともよく考えて進路を選択する必要があるといえるでしょう。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 ビーズアクセサリー資格ランキング
  2. tsushinkyouiku1 ファッションデザイン・デザイナー資格ランキング
  3. 筋トレ トレーニングサポーター認定試験口コミ評判
  4. ドッグトレーニング 犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング
  5. tsushinkyouiku1 ペン字・手紙資格人気ランキング
  6. tsushinkyouiku1 色彩インストラクター認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 西洋占星術資格人気ランキング

通信教育の人気記事

PAGE TOP