資格

歯科衛生士

tsushinkyouiku1

歯科衛生士というのは、歯科医師の治療の補助や、歯科予防措置、歯科保健指導などを行う仕事です。歯科衛生士法という法律があり、国家資格もあります。歯科衛生士は、歯科医師の指導の下に、「歯牙露出面及び正常な歯茎の遊離縁下の付着物及び沈着物を機械的操作によつて除去すること」、「歯牙及び口腔に対して薬物を塗布すること」を行うことができます(歯科衛生士法2条1項)。難しい言い回しを使っていますが、簡単にいうと、歯石を除去したり、薬を塗ったりすることは、歯科衛生士の資格がなければできないということです。歯科の治療で患者の口の中に手を入れて治療行為が行えるのは、歯科医師と歯科衛生士だけで、資格がない人にはできないことになっています。

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事には、まず歯科予防措置があります。虫歯や歯周病にならないように、歯石を除去したり、フッ素などの薬を塗布したりします。上記のように、これは歯科衛生士の資格がなければ行うことが出来ない仕事です。

そして、歯科医師の補助業務があります。診療器具を滅菌したり、準備したりします。仕事の範囲は勤める歯科医院によって差がありますが、院内の清掃や、受付、診療報酬の請求などの仕事を歯科衛生士が担当することもあります。

最後に、歯科保健指導があります。正しい歯磨きの仕方、正しい食べ方・噛み方などの指導を行います。歯科保健指導は、歯科医院で行うだけでなく、学校の歯科検診の際や、介護施設などで行うこともあります。

歯科助手との差異

歯科助手という言葉をお聞きなったことがある方もいらっしゃるかもしれません。歯科助手というのは、民間の資格として認定されている、専門学校や通信講座で取得できる資格です。国家資格ではなく、歯科衛生士のように歯科予防措置を行うことはできません。受付のような事務仕事や、直接患者の口腔内に手を触れない補助業務(セメントを練るとか、ライトの角度を調整するといったもの)が歯科助手の仕事になります。

歯科医衛生士になるには

歯科衛生士になるためには、歯科衛生士の養成過程がある大学や短大、専門学校に3年以上通い、卒業する必要があります。なお、卒業年次には卒業見込みの資格で受験できますが、この場合、後日、卒業証明書を提出することが必要になります。

国家試験の試験科目

歯科衛生士国家試験の試験科目は、以下の通りです。

人体(歯・口腔を除く)の構造と機能、歯・口腔の構造と機能、疾病の成り立ち及び回復過程の促進、歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み、歯科衛生士概論、臨床歯科医学、歯科予防処置論、歯科保健指導論及び歯科診療補助論

試験の合格率など

歯科衛生士の国家試験の合格率はかなり高く、例年95%を越えています。養成校でしっかりと勉強していれば、あまり試験自体は難しくないといえるでしょう。平成27年度の場合、受験者は7,233名で、合格者は6,944名、合格率は96%です。

今後の展望

日本社会の高齢化が進み、高齢者の口腔ケアの必要性がますます高まっています。また、近年注目されるインプラントといった治療は、治療後のケアが重要なものです。歯科医衛生士のニーズは、今後ますます高まるといえるでしょう。

なお、歯科衛生士は、かつては女性に限定された資格でしたが、現在では男性も資格を取得することが可能です。ただ、養成校の中には募集を女性に限っているところもありますから、歯科衛生士を目指す男性は、この点に注意してください。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 音楽資格ランキング
  2. tsushinkyouiku1 ストレスケアマネージメント口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 エステティシャン
  4. tsushinkyouiku1 情報処理技術者試験
  5. 健康運動指導士
  6. 美姿勢コーディネーター口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 ネイリスト技能検定試験
  8. tsushinkyouiku1 美容師
PAGE TOP