資格

水彩資格人気ランキング

今回は水彩資格人気ランキングを紹介したいと思います。水彩画は、学校の美術の時間に経験したことがあるかと思います。水彩とは、水性の絵の具を利用して描く絵画のことです。まずは資格のお話をする前に、その水彩についてお話したいと思います。では、その手法を簡単にご説明いたします。最も一般的な方法として、まずは水張を行います。水張とは、画用紙の表裏両方に水を含ませて、乾かすことです。これは、紙の伸び縮みを防ぐことと、絵具ののびをよくするのが目的です。そして、描き方ですが、色を塗る順序は描くものによって異なります。風景画の場合は、まず遠くにあるものを薄く塗り、手前の物は濃く塗っていきます。人物画の場合は、メインとなるものがある場合は背景よりも先に塗ることが大事です。その後で、背景の色や濃さを考えて塗ります。人物であれば、顔などの肌の色から塗り始めます。透明水彩の場合は、後から塗った色で先に塗った色を塗りつぶす事はできないので、薄く明るい色から先に塗っていきます。不透明水彩の場合は、水を多めにして透明水彩と同じ使い方をする場合は色を塗る順序も同様ですが、厚く塗る場合は下の色をほとんど隠す事もできるので、一番奥の方にある部分から塗り始めます。どうでしょうか、意外に簡単な仕組みです。ここで簡単な裏技をご紹介します。塗っていてどうしても失敗してしまうことがありますよね。水彩画は基本的に修正が困難なため失敗したら描き直すのが一番ですが、最初から描き直すのも大変ですので、ある程度の失敗であれば修正して作業を続ける事もできます。透明水彩の場合は、白い絵の具で隠して、塗りたい範囲から色がはみ出した時、白い紙を使用している場合は同じ色であるホワイトで上から塗る方法です。ホワイトの上から色を塗ると目立つのでカラーイラストの修正方法としては好ましくありません。他には色を吸い取るというのがあります。絵の具が乾かないうちにティッシュで吸い取ったり、やや乾いてしまった時は水を塗り絵の具が溶け出した状態にしてから吸い取る方法です。これはシミ取りの原理と一緒ですね。また、カッターで削るというのも有効的です。色がはみ出した部分をカッターで表面の紙ごと削り取る方法です。紙が荒れるので、削った箇所に色を塗ると目立ちまが、非常に繊細に少しずつ削って、紙の痛みを少しでも減らすことが大事ですね。これらのことからも、失敗したあともリカバリーできますから安心ですね。技術面を磨くにも、その理論を知っていれば絵をうまく表現できるはずです。今回は、それら芸術系の資格の中でも非常に人気のある水彩の資格をご紹介しますので、是非参考にして下さい。

水彩アーティスト

水彩アーティストは、日本デザインプランナー協会が主催する資格です。芸術系の資格では非常に人気がある資格です。この資格を取得すると、水彩の基礎知識、技法、構図の考え方に関する知識を有していることが証明されます。例えば、水彩画の絵具の種類、モチーフの種類、絵具についてなどの知識を有していることが証明されます。資格取得後は、水彩アーティストとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。受験資格は特にありません。誰でも自由にインターネットから受験申請を行えます。申請については、日本デザインプランナー協会のホームページから手続き可能となっています。受験料は消費税込み10,000円。試験は、隔月で実施しています。芸術系の仕事は、実技試験があるイメージがありますが、ありたせん。知識を手に入れるための資格ということですね。試験実施の翌月には合否発表が届きます。(70%以上で合格)在宅で取得できるのは時間がない人には嬉しいですね。

水彩画インストラクター

水彩画インストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する資格です。こちらも芸術系の資格では非常に人気がある資格です。この資格を取得すると、水彩画を描く手順やコツ、静物画の描き方、風景画の描き方、人物画の描き方、ファーストウォッシュ、陰影の技法と描きこみ、水の表現方法、光の表現方法、空の表現方法、道具ごとの構図を描く際のテクニック、水彩画を描く際の基本の手順、色作り、混色と重色についてなどのスキルを有していることが証明されます。資格取得後は、水彩画インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。受験資格は特にありません。誰でも自由にインターネットから受験申請を行えます。申請については、日本インストラクター技術協会のホームページから手続き可能となっています。受験料は消費税込み10,000円。隔月で実施しています。こちらも実技試験がありませんのでじっくり勉強して知識を手に入れたい方には嬉しいですね。翌月には合否発表が届きます。(70%以上で合格)在宅で取得できるのは時間がない人には嬉しいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

水彩画って難しいイメージがありますが、実は基本的な知識を正確に手に入れれば意外に難しくはないのです。まずは正確な知識を手に入れるためにも、資格で勉強するのもいいかもしれませんね。今回ご紹介した資格は、どちらも非常に魅力のある資格だと思いますので、是非取得しておきたいですね。