資格

洋食資格人気ランキング

食文化の深い伝統がある日本では、和食だけでなく海外の食文化もまた幅広く定着し、世界中の料理が気軽に楽しめます。私たちの日々の食生活でも洋食がたびたび登場しているように、調理や食の資格を考えるとき、洋食は外せない分野だと言えるでしょう。食に関する資格は実に数多く存在しますが、ここでは洋食に焦点を当て、調理に関するものから、テーブルマナー、撮影現場で活躍するフードスタイリストなど、いくつかのタイプをご紹介したいと思います。ご自身の興味と関心に合ったものを選び、今後の活動に資格を活かしてみてください。

1位 洋食エキスパート

洋食エキスパートとは、日本における洋食の歴史を理解し、洋食で用いる食品、道具、洋食のマナーといった基礎知識から洋食のソースの作り方とレシピなどの実践的なスキルを身に着けていることを証明する資格です。他に、料理に使う道具を使いこなし、洋食の調理法を熟知していることも求められます。受験方法が簡単で費用もお手頃なので、洋食が好きで味を極めたい方、洋食レストランを開店したい方、また飲食業に就きたい方に人気の資格となっています。資格取得後は講師活動もできますので、今後の幅広い仕事を見据えてトライしてみてはいかがでしょうか。

日本安全食料料理協会

  • 洋食エキスパート認定試験 https://www.asc-jp.com/test/yoshoku/
  • 受験資格:特になし
  • 受験料:10,000円
  • 受験申請:インターネットからの申し込み
  • 受験方法:在宅受験
  • 合格基準:70%以上の評価
  • 試験日程:12、2、4、6、8、10月

2位 健康西洋料理インストラクター

健康西洋料理インストラクターとは、西洋料理に使うあらゆる食材について理解し、食材に合った調理ができる方が認定される資格です。代表的な西洋料理のレシピを身に着け、デミグラスソースやホワイトソースの作り方、さらに洋食のマナーを心得ていることも必要です。受験方法が分かり易く、費用もお手頃なうえ、資格取得後は自宅教室やスクールで講師として活躍が可能になりますので、食に興味のある方や開業を目指している方の間で人気の資格となっています。

日本インストラクター協会

  • 健康西洋料理インストラクター https://www.jpinstructor.org/shikaku/seiyoryori/
  • 受験資格:特になし
  • 受験料:10,000円
  • 受験申請:インターネットからの申し込み
  • 受験方法:在宅受験
  • 合格基準:70%以上の評価
  • 試験日程:12、2、4、6、8、10月
  • 試験期間中に解答し、期日までに解答用紙を提出

3位 西洋料理テーブルマナー認定講師

西洋料理テーブルマナー認定講師とは、日本ホテル・レストランサービス技能協会が主催する認定資格です。資格取得に際しては、まず同協会に入会し、「西洋料理テーブルマナー講師認定セミナー」を受講する必要があります。セミナー受講によって認定試験の受験資格が得られ、その後行われる学科試験と面接で一定の成績を収めた方が資格を取得することができます。既に取得している資格や飲食業での経験に応じて受験資格が異なりますので、申込をする前によく調べておきましょう。西洋料理のテーブルマナーについて深く学び、講師としてその知識を広めることができる資格ですから、ホテル業や飲食業、教育、ブライダル産業など幅広い分野で役立てることができるでしょう。

日本ホテル・レストランサービス技能協会

  • 西洋料理テーブルマナー講師認定試験(概要) http://www.hrs.or.jp/manner.html
  • セミナーおよび認定試験(詳細) http://www.hrs.or.jp/manner2017f.html
  • セミナー費用:個人会員年会費10,000円、参加費23,000円(会員価格)、合計33,000円
  • 認定試験受験資格:事前に行われるセミナーの受講修了者、28歳以上(条件により例外あり)
  • 受験料:26,000円

4位 フードスタイリスト

フードスタイリストとは、テレビや雑誌、映画、広告などの撮影の際に、料理や食材を美味しそうに演出し、テーブルセッティングを手掛ける食品撮影専門のスペシャリストのことを言います。日本フードライセンス国際協会が主催する資格で、1級、2級、3級の3つのレベルがあります。3級は筆記試験のみですが、2級は筆記試験と実技試験、1級は認定講座を受講後、実技試験と作品提出が義務付けられています。資格取得に際しては、まず会員登録を済ませ、同協会出版の検定本と問題集で3級を取得し、レベルアップして行きます。同協会実施の通信講座もあり、計画的な学習にお勧めです。フードスタイリストは食の分野で注目されている将来性の高い仕事の一つですので、食とデザイン、写真、撮影、マスコミなどに幅広い興味をお持ちの方にぜひお勧めの資格だと言えるでしょう。

日本フードライセンス国際協会

  • フードスタイリスト資格検定(概要) http://www.fl-j.com/fblj/foodstylist.html
  • 資格検定・全国公式試験(詳細):http://www.fl-j.com/fblj/shikaku.html
  • 通信教育:http://www.fl-j.com/btc/styling.html
  • 教本:フードスタイリスト検定教本2級・3級3,240円(税込)
  •    フードスタイリスト検定問題集2級・3級2,160円(税込)
  • 受験費用:3級15,000円(一般)、10,000円(会員)、10,000円(通信での技術資格者)
  • 認定登録料:3級20,000円(一般)、10,000円(会員)、10,000円(通信での技術資格者)

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 弁理士
  2. tsushinkyouiku1 空間デザイン資格ランキング
  3. tsushinkyouiku1 JTF ほんやく検定
  4. tsushinkyouiku1 カフェオーナースペシャリスト認定試験口コミ評判
  5. カクテルソムリエ口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 フラワーアレンジメントデザイナー認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 行政書士
  8. tsushinkyouiku1 通訳案内士

通信教育の人気記事

PAGE TOP