資格

温泉観光資格人気ランキング

今、温泉がブームです。ストレスの多い社会、年配の方は勿論、若い人も「温泉に入って癒されたい」と思う方は多いはず。むしろ若い人の方が海外旅行より温泉に行きたいという話もあるほどです。もし、温泉についての知識があるならば、温泉を何倍にも楽しむことが出来るはずです。

そこで、温泉に関する資格を挙げてみました。

1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーは、日本生活環境支援協会が認定する資格です。

温泉に関する幅広い知識、例えば、各温泉の所在地・泉質・泉温・効能・特徴を理解し、温泉にまつわる歴史などや観光に関する知識など、全国の温泉に関する知識を有していること有していることが証明されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

年6回認定試験がありますので、自分のペースで受験できます。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウム健康アドバイザーは、日本インストラクター協会が認定する資格です。

サナトリウム健康アドバイザーは、泉質の種類や入浴方法に関する知識を有していることが必要です。例えば、源泉温度 、湧出量、無色澄明、無味、無臭などの知覚的試験、pH値、液性分類(アルカリ性、中性、酸性)、ラドン含有量などの温泉分析表の見方、単純温泉といった泉質・源泉かけ流しなど温泉に関する言葉の意味などが理解できるということが証明されます。

年6回認定試験がありますので、自分のペースで受験できます。

3位 温泉ソムリエ

温泉ソムリエ協会が認定する資格です。

温泉ソムリエの資格を持っていると、温泉愛好家は1回の温泉旅行分の費用で温泉の資格が取れ、温泉の楽しみが10倍になります。温泉宿、日帰り温泉施設は温泉施設としてより正確な情報をお伝えでき、お客に信頼を約束します。

認定セミナーに参加するか、1泊2日の温泉ソムリエ認定ツアーに参加するか、認定講座を受けると温泉ソムリエになれるようです。

日程、費用等はHPにて、メルマガでお伝えするようです。また、メールで問い合わせてもいいかもしれません。

4位 温泉観光士

温泉観光士は、日本温泉地域学会が認定している資格です。また、講座は群馬県草津町が後援している講座です。この講座は、専門家による講師陣のもとに大学レベルの内容を平易に講義し、受講者が温泉の本質を理解し、観光・保養温泉地域の発展・活性化に寄与する実践力を身につける為に開催するものです。講義・野外実習・試験から構成され、試験合格者には「温泉観光士」の認定書が与えられます。草津温泉で開催されるので、遠方の方は大変かもしれません。講座プログラムを見てみるとなんだか大学の講義の様ですね。

5位 温泉保養士

温泉保養士は、一般社団法人日本音泉保養士協会が認定する資格です。温泉保養士(バルネオセラピスト)とは、温泉療法を 活用した健康づくりを、温泉医学、予防医学に基づき、 温泉の持つ保健的機能を引き出す知識、技術を習得し、安全かつ適切にアドバイスできることが出来る資格を有する人のことです。具体的には、「温泉の利・活用の仕方」と「温泉地の健康的な過ごし方」を提案できる人です。日本温泉保養士協会が実施する養成講習会で規定の講習を修了し、認定試験に合格した方を温泉保養士(バルネオセラピスト)として認定し、認定の有効期間は5年間で、更新講習会を受講することで更新認定をすることで継続します。

いかがでしたでしょうか?温泉に関する資格は多岐にわたりますね。自分に合った温泉の資格を取り、温泉を今まで以上に楽しみましょう。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 スパイス・調味料資格ランキング
  2. トリマー トリマー開業インストラクター認定試験口コミ評判
  3. カクテル カクテル資格人気ランキング
  4. トリマー ペットトリミングアドバイザー認定試験口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 色彩検定
  6. tsushinkyouiku1 中小企業診断士
  7. tsushinkyouiku1 日本インストラクター協会口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 ハーブライフインストラクター認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP