資格

盆栽資格人気ランキング

tsushinkyouiku1

盆栽は、鉢の中に広がる小宇宙と評される程、奥深く高尚な芸術作品として評価を得ています。海外でも盆栽ファンが多い現在、内外を問わず盆栽の修行熱は高まるばかりです。とはいえ、修行をする場は少なく習う場を見つけるのは大変でした。

それが今では手軽に習うことができるようになり、しかも資格も取れるとあって注目度は高まっています。

今後の需要も拡大すると見込まれているだけに、盆栽を扱える人材は海外からも多く求められています。

そこで、人気のある盆栽の資格をピックアップしてみました。始めたいと思った時が始める時ですよ!

是非この機会に挑戦してみてはいかかでしょう。

1位 盆栽クリエイター

盆栽の基礎知識を習得していると認められた人に与えられる称号です。

盆栽の基礎知識とは、

  • 盆栽の歴史
  • 使用する樹木の知識
  • 海外における盆栽のあり方
  • 使用する土や鉢、肥料、苔、潅水
  • 剪定の種類と剪定を行う時期(季節)
  • 針金かけ
  • 植え替え
  • 菜摘みの種類、樹木種ごとの菜摘み等のやり方
  • 葉刈
  • 病害虫の種類と対策
  • 月別管理方法
  • 盆栽用語

これらの項目を習得して盆栽クリエイターと認定された者は、アドバイザーや講師として活動することができます。

需要に乗じて、海外で活躍する場を見つけるチャンスも増えそうですね。

受験方法    在宅受験

受験申請    インターネット上ホームページで申込み

受験申込みURL https://www.designshikaku.net/test/bonsai/mou/

主催      JDP 日本デサインプランナー協会

2位 苔玉作りインストラクター

苔玉は知っているようでまだまだ知らない方も多いかと思いますが、今は緑のインテリアとして若い層にも人気があります。一般的には、丸い容器に苔を這わせて球形に仕上げ、

その中に植物を植えて鑑賞します。容器のように使われていても苔は生き物です。水やりや育て方等管理するにも、盆栽同様に覚える事が沢山あるのです。

まず苔の種類から始まり、苔玉を作るための道具や取り扱い方、肥料に関する知識、水やりの仕方、季節によって変わる苔玉の管理方法等です。

これらの知識を習得しイメージ通りの苔玉が作れて管理もできると認められると苔玉インストラクターとして認定されます。

盆栽と同時に苔玉作りも覚えると、作品の幅が広がり楽しみも倍増するでしょう。

植物や園芸の好きな方にはおすすめです。

受験方法    在宅受験

受験申請    インターネット上ホームページで申込み

受験申込みURL https://www.jpinstructor.org/insutomoushikomi/

主催      JIA 日本インストラクター協会

3位 盆栽士

最近の盆栽事情を見てみると、逆輸入のようなカタチで人気が高まっていますね

海外では驚くほどの需要拡大をみせています。盆栽士も海外でのニーズが多く、活躍している人が年々増えているそうです。

盆栽士になるためには、日本園芸協会主催の「盆栽技能講座」を通信教育で受講します。終了時に決められた課題を提出して合格レベルに達したと認められた人に与えられる資格です。

主な内容は、

  • 盆栽の基本的知識編
  • 仕立て方の技術編
  • 培養管理編
  • 繁殖技術編
  • 応用技術編

盆栽に大切な知識と技能は殆ど学ぶことができます。そのうえ、盆栽として使われる主な樹木も全て学習するので、即実践できるのは嬉しいですね。

資格取得者の声を聞くと、販売会に出品して副業として楽しんでいる方もいるそうです。

受験方法    通信講座終了時、課題提出

詳細URL          http://www.happy-semi.com/bonsai/index.html

http://www.gardening.or.jp/ichiran.html

主催      日本園芸協会

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. リフレクソロジー・つぼ資格人気ランキング
  2. tsushinkyouiku1 メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験口コミ評判
  3. 焼酎セレクトマイスター口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 気象予報士
  5. マクロビフード健康インストラクター口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 インテリアデザイナー認定試験口コミ評判
  7. 自転車技士
  8. tsushinkyouiku1 DIY工作アドバイザー口コミ評判
PAGE TOP