資格

着物着付け方資格人気ランキング

今回は着物着付け方資格の人気ランキングを紹介したいと思います。着付けをできる女性というのは年々減ってきているのが現状です。日本の大切な文化の着物を後世に伝えるためにも、必要な職業ですね。そんな伝統の継承をするためにも是非勉強したい資格です。着物着付け方の資格にも色々ありますので、どの資格が一番自分にあっているのか検討するために参考にしていただければと思います。

着物マイスター

着物マイスターは、日本生活環境支援協会が認定する資格です。着物着付けの方の資格の中でも特に人気のある資格です。資格を獲得できた人は、着物の歴史や種類、結び方や手入れの仕方など、専門家であることを証明することができます。着物マイスターの資格を持つことができれば、資格を活用して講師活動などが可能です。この資格の特徴は、受験資格が特にないことです。実は、着付けと言うと実技があるイメージがありますが、実技試験はありません。誰でも好きな時間にインターネットから受験申請を行えます。申請については、日本生活環境支援協会のホームページから手続き可能となっています。受験料は消費税込み10,000円。専門的な知識を手に入れて、資格も資格証書をもらえるのはこの価格は決して高くはないですね。試験は隔月で実施していますし、翌月には合否発表が届きます。70%以上の得点で合格です。この試験の特徴でもある在宅試験制度を活用して是非資格をとって、お仕事や日常に生かしたい資格の一つですね。

着付け方インストラクター

着付け方インストラクター資格は、日本インストラクター協会が認定する資格です。こちらも非常に人気のある資格です。季節や天候、行事に合わせた着物の装いや着物の各部名称、着物を着る方法、着物の仕立て方など着物に関する基礎知識や着物の着付け方に関する基礎知識を十分に理解している方に認定される資格です。例えば、雨の日の装い、春夏秋冬の装い、和装婚の装い、着付けに必要な足袋や袖よけなどの知識など、また、立ち居振る舞いを身に付けていることが証明されます。資格取得後は、着付け方インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。受験資格は特にありませんので、しっかり勉強したい人にはとてもありがたいですね。実技や実務経験が必要な資格も多いので、うれしいですね。誰でも自由にインターネットから受験申請を行えます。日本インストラクター協会のホームページからいつでも手続き可能となっています。受験料は消費税込み10,000円です。着物の着付けの資格をこの価格でとれるのは驚きですね。試験は、隔月で実施していて、また翌月には合否発表が届きます。(70%以上で合格)こちらも在宅で受験できますし、着物をお仕事にする方はこちらも是非とっておきたい資格の一つですね。

着付け技能検定

着付け技能検定は、一般社団法人全日本着付け技能センターが厚生労働大臣から指定を受けて始まった国家検定です。着付け技能検定には1級と2級があります。着付け技能検定を受験するためには、定められた試験資格を満たす必要がありますので、申し込みをする前に全日本着付け技能センターのホームページで確認をしましょう。国家資格のためその合格までのプロセスは非常に長いです。試験も学科試験と実技試験があります。受験資格も、1級は、実務経験5年(各種教育機関の修業時間により2~4年になる)2級は、実務経験2年(各種教育機関の修業時間により免除される)など実務経験が必要となります。受験料は、1級が8,900円+18,500円2級が8,900円+16,700円です。(学科試験+実技試験)

この資格は、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的につくられた国家資格です。期間や受験費用が高いですが、国家資格のステータスが必要な方には是非取りたい資格ですね。

きものコンサルタント

公益社団法人 全日本きものコンサルタント協会が実施するきものコンサルタントをご紹介します。この資格試験は、1次試験は筆記試験、2次試験は実技試験が行われ、それぞれの試験で一定の評価を得ることで資格を得ることが可能です。(合格率は非公表です。)2次試験の実技試験では、きものコンサルタントとしての演出能力が試されます。受験資格は、・着付け指導について2年以上の実務経験がある者・きものを教える学院、教室の卒業生で220時間以上きものに関する教育を修了した者・その他、全日本きものコンサルタント協会が資格ありと認めた者です。年1回で受験料(税込)は7,800円で、予備講座受講料(税込)は23,600円です。(義務)実務経験や受験資格などの高いハードルはありますが、より高度な知識を得たい人は取得したい資格ですね。

着付け師

着付け師とは、正確には資格とはいいません。他人への着物の着付け(他装)を生業とする人を指す呼称です。着付けを学ぶには、着付け教室などで学びます。色々な流派などもありますので、まずは自分にあった着付けの先生を見つけることが大事ですね。流派と言うのは、実に個性があって色々興味深いですね。

まとめ

以上のとおり、着物着付け方資格にはいくつかあり、資格によって受験資格やメリットが違います。まずは、しっかりと内容を確認し、自分にあった資格を獲得できるように頑張りましょう。