資格

知的財産管理技能士

tsushinkyouiku1

知的財産管理技能士とは、国が実施している技能検定の一つで、知的財産の管理を行うことができる技能を持っていることを証明するものです。略称は、知財技能士です。資格を取得することによって可能になる業務(独占業務)があるわけではありませんが、一定の能力があることが証明されることで、就職や転職の際に有利になったり、スキルアップに繋がったりします。なお、知的財産には、著作物や商標、意匠(デザイン)、発明など様々なものが含まれます。

等級区分とレベル、受験資格

知的財産管理技能士には、1級、2級、3級の等級区分があります。1級は、専門分野によって、特許専門業務、コンテンツ専門業務、ブランド専門業務に区分されています。各級の試験は、下の級から順番に受験する必要はありません。

1級のレベルは、知的財産管理の職種における上級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度(知的財産管理に関する業務上の課題の発見と解決を主導することができる技能及びこれに関する専門的な知識の程度)を基準とするとされており、2級は中級の技術者、初級の技術者とされています。

知的財産管理技能士は、技能検定なので、原則として受験資格に実務経験が要求されています。要求される実務経験は、1級は4年以上、2級は2年以上です。3級は、「知的財産に関する業務に従事している者または従事しようとしている者」が受験資格となっているので、実務経験は要求されません。また、3級合格者が2級を受験する場合も実務経験は要求されません。2級合格者が1級を受験する場合には、要求される実務経験が1年以上に短縮されます。なお、この実務経験を不要または短縮する措置は、下の級を合格した年度及び翌年度、翌々年度に限って適用されます。1級の実技試験に限っては、1級の学科試験の合格者が受験することができます。

検定試験の内容

知的財産技能士検定は、学科試験と実技試験に分かれています。学科試験は、マークシート方式の筆記試験(4肢択一式または3肢択一式)です。実技試験は、2級と3級は記述方式の筆記試験、1級は筆記試験と口頭試問です。口頭試問は、記述式の問題を先に解答して、その問題に関して、技能検定委員と質疑応答を行います。

学科試験と実技試験は、一部合格が可能で、合格日の翌々年度までに実施される試験で、合格した方の試験が申請によって免除されます。

検定試験の合格率など

知的財産管理技能士検定は、合格基準を満たした人は合格できるものなので、合格率は年度によって変動します。おおよその数字としては、1級の学科試験が10%程度、実技試験が60%~70%程度、2級の学科試験が45%~55%程度、実技試験が45%~60%程度、3級の学科試験が55%~70%程度、実技試験が70%~75%程度です。

合格基準は、1級は学科試験が満点の80%以上、実技試験が満点の60%以上、2級は学科試験、実技試験とも満点の80%以上、3級は学科試験、実技試験とも満点の70%以上です。

今後の展望

知的財産管理技能士検定は、2008年から実施されている比較的新しい技能検定です。従来は、知的財産検定という民間資格だったものが、国家資格に移行されたものです。

知名度は必ずしも高くありませんが、知的財産を適切に管理する必要性は、今度も高まっていくことが予想されますから、今後もニーズが高まっていく資格です。資格の取得を推奨している企業も多く、就職や転職、スキルアップに有効です。この傾向は、今後も続くものと思われます。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 医療秘書技能検定試験
  2. ウォーキング 歩き方インストラクター口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 実用英語技能検定(英検)
  4. 手相 パームリーディングアドバイザー口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 キッチン資格人気ランキング
  6. tsushinkyouiku1 TOEICRテスト
  7. tsushinkyouiku1 家庭菜園インストラクター口コミ評判
  8. 焼酎 焼酎セレクトマイスター口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP