資格

社会福祉士

tsushinkyouiku1

社会福祉士

社会福祉士(ソーシャルワーカーと呼称される場合もあります)は、高齢者や障害者といった福祉サービスを必要とする人の相談に応じて、適切な助言や援助を行うことを仕事にしています。社会福祉士の資格を有している人は、生活指導員や、生活相談員、児童相談員などの職種で働いています。

社会福祉士の仕事

社会福祉士の仕事は、福祉サービスを必要とする人の相談に応じて、助言や援助を行うことです。相談に応じる分野は幅広く、高齢者や障害者の介護、生活保護、児童福祉といった福祉分野の全てが対象となります。相談者の悩みを聞いて、相談者をその人に適した福祉サービスと結びつける役割を果たします。

もっとも、相談業務を行うために社会福祉士の資格が必要であるわけではなく、無資格者でも相談業務を行うことはできますが、社会福祉士以外の人が社会福祉士を名乗ると罰せられます(名称独占資格)。また、市町村の地域包括支援センターや障害者福祉施設では、社会福祉士を置くことが必須となっています。

資格取得の方法

社会福祉士として仕事をするためには、社会福祉士国家試験に合格して、指定機関(財団法人社会福祉振興・試験センター)に登録をする必要があります。社会福祉士国家試験を受験するためには、受験資格を満たす必要があり、福祉系の大学や短大などで指定科目を履修する、養成施設(大学や短大、専門学校)に通う、相談援助の実務経験を積むなどが受験資格となっています。この相談援助実務には、単なる介護職は含まれず、生活相談員や支援相談員、児童福祉司、精神保健福祉相談員などを務めている必要があります。福祉系の大学、短大等を卒業しているか否かや、その他の条件によって、どのような要件が必要になるかが変わってくるので、ご自身が受験する際には、試験の実施団体である公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページなどで、受験資格を満たしているかを必ず確認するようにしてください。

国家試験の内容

社会福祉士の国家試験の出題範囲は幅広く、以下の18科目群から出題されます。(1)人体の構造と機能及び疾病、(2)心理学理論と心理的支援、(3)社会理論と社会システム、(4)現代社会と福祉、(5)地域福祉の理論と方法、(6)福祉行財政と福祉計画、(7)社会保障、(8)障害者に対する支援と障害者自立支援制度、(9)低所得者に対する支援と生活保護制度、(10)保健医療サービス、(11)権利擁護と成年後見制度、(12)社会調査の基礎、(13)相談援助の基盤と専門職、(14)相談援助の理論と方法、(15)福祉サービスの組織と経営、(16)高齢者に対する支援と介護保険制度、(17)児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、(18)就労支援サービス、更生保護制度の18科目群です。出題形式は、5肢択一式でマークシート方式で行われます。

試験の合格率など

社会福祉士国家試験の合格基準は、総得点の60%を基準に問題の難易度で補正した点数です(2015年度実施試験の場合、150点満点中88点)。ただし、上記の18科目群の全てで得点する必要があります。

合格率は、年度によって差がありますが、20%~28%程度です。

今後の展望

社会福祉士は、福祉施設や医療施設、公共機関など活躍する場所が多く、今後もニーズが高まる資格であると考えられます。高齢化が一層進行するなか、このような傾向は当面の間続くものと考えられます。福祉業界で仕事をする人のキャリアアップに有効な資格です。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 キャンドル資格ランキング
  2. tsushinkyouiku1 税理士
  3. tsushinkyouiku1 盆栽クリエイター口コミ評判
  4. タロットカード タロットカード占いインストラクター口コミ評判
  5. tsushinkyouiku1 貴金属装身具製作技能検定
  6. 洋食 健康西洋料理インストラクター認定試験口コミ評判
  7. 健康リフレクソロジーインストラクター認定試験口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 人気資格ランキング

通信教育の人気記事

PAGE TOP