資格

福祉資格人気ランキング

tsushinkyouiku1

「これ程大変な仕事はないけど、これ程遣り甲斐がある仕事もない」とは、福祉関係の仕事に従事している方の言葉です。住みやすい社会、笑顔に満ちた社会つくりは福祉の充実にあると言っても過言ではないでしょう。そんな大切な事でありながら、人材不足は解消されていません。今後を見据えても需要は拡大の一途です。

そこで、身近な介護や保育から福祉のスペシャリスまで、目的に合った資格をピックアップしてみました。

ほんの少しでも興味のある方は、是非挑戦して頂きたい資格ばかりです。

1位 福祉心理カウンセラー

福祉心理カウンセラーとは、福祉及び心理学の基礎知識を修学し、特にストレスに関する様々な諸症状と対処法等を理解していると認められた人に与えられる資格です。

資格を取得すると、プロフェッショナルな立場で相談者等へカウンセリングすることができます。

現在、福祉関係施設等で多くの人材が求められているようです。即戦力として活躍できそうですね。

受験申請 インターネットホームページ上で申込み

https://www.domap.net/test/fukushi/mo/

受験方式 在宅受験

主催  日本アオマメディカルシンリセラピー協会

https://www.domap.net/test/fukushi/

2位 福祉心理アドバイザー

福祉に関する基礎知識、いろいろな条件状況下で及ぼす心理的作用や効果に関する基礎知識そして人へ教示できる一定レベルを習得していると認められた人に与えられる資格です。

資格取得後は、講師として活躍の場を広げることができます。

受験申請 インターネットホームページ上で申込み

https://www.jpinstructor.org/insutomoushikomi/

受験方式 在宅受験

主催   JIA 日本インストラクター協会

https://www.jpinstructor.org/shikaku/fukushishinri/

3位 介護福祉士

高齢化社会に対するさまざまな対策が叫ばれている現在、介護福祉士の必要性を強く求められていながら、その人材不足が問題になっています。需要は益々拡大していることは必至。是非貴方も介護福祉の資格を取って、人の為にまた自分自身の生き甲斐のために挑戦してみてはいかがでしょう。

資格を取得するためには、国家試験を受けて合格する必要があります。また他にも、3年以上の介護業務に従事経験がある人、または在職期間が3年以上で実労540日以上の従事経験者が実務者研修を修了した人等6項目の条件が定められています。

受験資格の詳細については、下記URLをご覧になるとよいでしょう。

また受験対策の講座もいくつかあるようです。

受験資格詳細http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html

主催  公益財団法人社会福祉更新試験センター

http://www.sssc.or.jp/kaigo/gaiyou.html

4位 福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、福祉的また医療的観点から住環境を考察しコーディネートすることですが、具体的にはバイリアフリー、手すりの付ける場所等高齢者や障害者にとって、より安全でより快適な住空間を提供するスペシャリストの資格です。

資格を取得するためには、東京商工会議所検定センター等で実施しているようです。

詳しく知りたい方はお問い合せをしてみるとよいでしょう。

検定試験情報 http://www.fjc21.org/test/

主催     FJC 福祉住環境コーディネーター協会 http://www.fjc21.org/test/

5位 社会福祉士

社会福祉士とは、近年の高齢化を見据え、社会生活を出来る限り快適に送る為の相談や支援に携わることができる、国が認めた専門家です。具体的には、高齢者、障害者、困窮者等の生活を支援する為に様々なニーズに合わせで活動します。その為の様々な知識を習得したスペシャリストであると認められた人に与えられる資格です。

法律(第28条)に定められている厳格なものであり、資格を取得するには定められた日程、場所で国家試験を受ける必要があります。

資格取得までの詳細はホームページに掲載されていますので、確認するとよいでしょう。

資格取得ルーチ図http://www.sssc.or.jp/shakai/shikaku/route.html

主催  公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

http://www.sssc.or.jp/shakai/index.html

6位 保育士

現在、保育士の人材不足は深刻な社会問題にもなっていますね。

保育士の育成は待機児童問題を解消する大切な要因の一つでもあります。

大変な仕事であることは確かですが、それだけ遣り甲斐も大きく公私共に学び甲斐のある資格です。

保育士資格を取得するには国家試験を受ける必要があり、学歴に応じて各々定められています。

興味のある方はホームページをご覧頂くとよいでしょう。

受験資格詳細https://www.hoyokyo.or.jp/exam/qualify/detail.html

主催    一般社団法人 全国保育士養成協議会

https://www.hoyokyo.or.jp/exam/guidance/index.html

関連記事

  1. ウォーキング 歩き方インストラクター口コミ評判
  2. 数秘術 数字占いアドバイザー認定試験口コミ評判
  3. tsushinkyouiku1 介護職員初任者研修
  4. カクテル カクテルソムリエ口コミ評判
  5. スーパーフード スーパーフード資格人気ランキング
  6. ウォーキング スポーツ運動資格人気ランキング
  7. tsushinkyouiku1 福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 介護福祉士

通信教育の人気記事

PAGE TOP