資格

空間デザイン資格ランキング

tsushinkyouiku1

過ごしやすい空間というものは、家の中では趣味やくつろぎを与えてくれ、職場では、仕事の能率にまで影響します。そんな知識や技能を身に付けて、デザイン事務所や設計事務所、住宅メーカーなどで活躍できる「空間デザイン」に関する資格をご紹介します。

1位:空間ディスプレイデザイナー

【理由】デザイン事務所や設計事務所、住宅メーカー、アパレル業などで活躍することができる資格で、ディスプレイ、色彩や照明に興味があり、売り場演出にまでを志したい人におすすめです。資格は、「JDP 日本デザインプランナー協会」が主催し1級と2級があり、どちらも在宅で2か月に1度試験があります。2級では、1級取得の基本になる空間ディスプレイデザインの基礎・応用技術を学び、それを生かして3DCGを駆使した空間づくりの技能を取得していきます。(1級)空間の色彩や照明、インテリアの選定や配置、演出などについての知識や経験が、一定レベル以上にならなければなりません。2級から取得して、上位資格を計画敵に取得していきましょう。

費用 受験料 10,000円

2位:TALK食空間コーディネーター

【理由】食空間のスペシャリストとして、食空間をプロデュースするということの意義の大切さを知り、知識や技術を身につけた上で、ホテルやレストラン等の飲食業で活躍する事のできる資格です。食空間をプロデュースする食空間コーディネートの知識や技能、テクニックなどを専門的に学ぶ必要があります。「TALK-TCS  NPO法人食空間コーディネート協会」が運営する資格で、1級から3級まで分かれています。(1級は設置予定)初心者でも3級から始めれば、段階的に知識や技能を身に付けることができる資格です。試験は東京、大阪、名古屋、福岡で行われます。公式テキストも協会から出ています。仕事にも生かせますが、日常生活でも家族や友人のために記念日の演出などをしてあげることもできます。

費用 受験料 10,000円

3位:空間プランナー

【理由】住宅業やインテリア業界で働く人にとっては、資格というものを所持していることは、その知識や技術を保持している証明にもなります。この資格は、住宅を構成している資材やインテリアなどの基本的な知識と、環境改善計画の立案やコンサルティングなどの専門的な知識をもっていることを認定してくれます。「一般社団法人日本能力開発推進協会」が主催し、その認定試験に合格すると空間プランナーの資格が与えられます。この協会が認定する教育訓練講座のカリキュラムを修了すれば合格とみなされるものです。資格を取得すれば、インテリアメーカーや住宅設備、百貨店やホームセンターでもその知識が活用できます。

4位:住空間収納プランナー

【理由】住空間収納プランナーは、住宅やインテリアの分野において、実際にすでに働いている人が、業務に必要な知識や技術を高めることにも役立ちますし、将来独立を考えている人にも適した資格です。住空間収納プランナーは、比較的新しい資格で「一般社団法人日本収納プランナー協会」が運営、認定します。住空間の分析や収納プランニングの知識や技術が一定水準以上にあることで認定されます。ベーシック、エキスパート、マスターという3段階に分かれています。マスターを取得すれば、講師として人に指導する立場にあることが認められます。

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判
  2. tsushinkyouiku1 CAD資格ランキング
  3. 和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判
  4. tsushinkyouiku1 気象予報士
  5. タロットカード スピリチュアルタロットアドバイザー口コミ評判
  6. tsushinkyouiku1 薬膳調整師 認定試験口コミ評判
  7. 洋食資格人気ランキング
  8. tsushinkyouiku1 POPライターインストラクター認定試験口コミ評判

通信教育の人気記事

PAGE TOP