資格

管理栄養士

tsushinkyouiku1

管理栄養士は、栄養のスペシャリストです。栄養指導のほか、献立の作成や栄養素の計算などによる食事の管理も行います。この点は栄養士と共通しますが、栄養士は、主に健康な人を対象にした栄養指導を行うのに対して、管理栄養士は、より高度な知識が要求される、病気の人や高齢者を対象にした栄養指導、一人ひとりの身体の状態に合わせた栄養指導を行います。名称は似ていますが、栄養士よりも高度な知識・技術が要求されるのが管理栄養士ということになります。

管理栄養士の仕事

管理栄養士は、栄養士よりも高度な知識が要求される仕事を担当します。例えば、主治医の指導の下に行う「傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導」は、管理栄養士の仕事とされています(栄養士法1条2項)。

また、一定の数以上の食事を提供する病院や老人保健施設では、管理栄養士をおくことが義務付けられるなど、管理栄養士でなければできない仕事、応募できない求人もあります。

管理栄養士になるには

管理栄養士になるためには、管理栄養士国家試験に合格する必要があります。管理栄養士国家試験を受験するためには、受験資格が必要です。受験資格を得る方法には大きく分けて2つあり、先に栄養士になって実務経験を積むことで受験資格を得る方法と、最初から管理栄養士を目指して、管理栄養士の養成過程がある4年制の大学、専門学校を卒業する方法があります。

受験資格を得るために必要とされる実務経験の期間は、何年制の栄養士養成施設を卒業しているかによって異なります。2年制の養成施設の場合は3年の実務経験、3年制では2年、4年制では1年です。つまり、栄養士から実務経験を経て管理栄養士になろうとする場合、最低でも5年間かかります。また、栄養士の仕事をしながら管理栄養士の受験対策をすることは大変です。管理栄養士になりたい人は、最初から管理栄養士の養成施設に通った方が有利であるといえます。

管理栄養士試験の試験内容と合格率

試験科目は、以下の通りです。

社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論

そして、試験の合格率は、年度による差もありますが、概ね30から50%程度です。注意しなければいけないのは、管理栄養士要請校を卒業して受験した新卒の受験生と、既卒の受験生(栄養士として働きながら受けている受験生など)との合格率の差が大きいことです。新卒の場合、合格率は80~90%であるのに対して、既卒の場合は5~30%にしかなりません。管理栄養士の養成施設で受験対策をした上で試験に臨む新卒者の方が圧倒的に有利になっています。

今後の展望

管理栄養士の職場としては、給食を提供する施設(病院、学校、保育園、高齢者施設、社員食堂など)が一般的です。その他、食品メーカーや厨房機器のメーカーで働く管理栄養士もいます。スポーツクラブや料理教室などで働くケースもありますし、最近では、ブログなどを駆使して積極的に情報を発信する、フリーで活動する管理栄養士もいます。

食と栄養というのは、時代が変わっても重要性が薄れることはありませんから、この分野で専門的な知識や技術を持った管理栄養士のニーズはなくなることがありません。管理栄養士の資格は、今後も有望な資格だと考えられます。

人気の通信教育  人気の通信教育

関連記事

  1. tsushinkyouiku1 ファッション販売能力検定
  2. リテールマーケティング(販売士)検定
  3. tsushinkyouiku1 言語聴覚士
  4. tsushinkyouiku1 CAD利用技術者試験
  5. tsushinkyouiku1 柔道整復師
  6. tsushinkyouiku1 メディカルハーブカウンセラー認定試験口コミ評判
  7. tsushinkyouiku1 安眠インストラクター認定試験口コミ評判
  8. tsushinkyouiku1 スポーツ運動資格人気ランキング
PAGE TOP